鬼嫁ちゃんねる

鬼嫁ちゃんねるは2ちゃんねるなどから家庭・生活の話題を紹介しています。


2014年12月

家族の協力を得てエネ夫に復讐。私「実家にいるときくらい好きにさせてよ」 夫「…」

   icon2014年12月01日 08:40      
741名無しさん@HOME 2014/11/29(土) 12:25:28.34 0.net
エネ夫って、自分の身に置き換えてっていうのが出来ないんですよね

情けない話ですが私の両親と兄に協力してもらい、エネ夫に私の辛さを体験してもらいました
私一人ではエネ夫に何が悪いのか理解させる事は無理でしたので

今年のお盆の事なんですが、外面だけは良い夫の習性を利用し、
義実家ではなく私実家に行く事に成功しました!

実家について早々、両親から
娘を大事にしているか
共働きなのに家事を押し付けていないか
稼ぎはどれくらいか
と詰問してもらい、その間私は横で携帯ゲーム
兄には夫が気に入ってる時計を取り上げてもらい、私は
「時計くらいいいじゃない、また買えば」と言いました

夫の失敗談で昼食時に盛り上がり、夜は夫を置いて地元の友人と近くの居酒屋で午前様まで飲み明かし、朝帰り
セリフは夫お決まりの
「実家にいるときくらい好きにさせてよ」
次の日は、朝から父の畑仕事を手伝わせました
「私達が帰ってる時くらい、親に楽させたいの」を忘れずに

帰り道、凄く怒っていましたが、
「いやだ、私が今の貴方と同じ事言った時に貴方は、何がそんな嫌なのか理解出来ない。俺の家族ががそんな嫌いか?。って言ったのよ?ここ5年、盆暮れGW耐えてきたのに、貴方はたった一回でギブアップするの?」と言ったら黙りました

年末はそれぞれの実家に帰省します。

ある日、嫁が勤める会社の社長夫人から「社長と俺嫁の不倫写真」を手渡された

   icon2014年12月01日 00:10      
510名無しさん@おーぷん 2014/11/30(日)18:41:39 ID:Lkq
まさか平穏な日常がこんなにも呆気なく終わるものだなんて思いもしなかったわ。

俺の場合、勤務中にいきなり嫁の会社の社長夫人から
電話が入ったのが修羅場の始まりだった。
嫁の会社とは関連だから一応顔見知りではあったけど、
だからと言って特別に親しくしていたわけでもない。

それが会社に直接電話を入れて来るのだから、
相当な事情があるのだろうという事だけは何となく察しがついた。
でもまさか嫁の浮気話だなんて思いもしなかったわ。
とにかく時間を作ってくれないかと言われ、慌てて(会社の)近所の喫茶店で話す事になったわけ。


のっけから何の挨拶もなしに茶封筒に入った調査報告書なるものを手渡された。
COPYと判が押してあったから多分複製だったんだろう。
時系列にしてプロの仕事らしく丁寧にファイリングされていた。
内容の全容が明らかになるに連れ、持つ手が震えだしたのを覚えてる。
心臓がバクバクして視界が急に狭くなった。

それでも俺は現実をなかなか受け容れられず、
何度も車でホテルに入っていく写真の女が嫁である事を確認した。
内容的には嫁と社長の浮気は不定期で偶発的なものだということ。
年に3~4回で常習的ではないということ。
途中の駅で待ち合わせ、社長の車でホテルへ行くというパターンが多いという事だった。


掲示板
月別アーカイブ
記事検索
QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク
スポンサードリンク
ワロタあんてな
ぶろにゅー
子育てちゃんねる
キチママまとめ保管庫
哲学ニュースnwk
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ