2015年10月

夢だった小説家を目指す為、嫁に内緒で仕事を退職。そしたら先日、突然妻から離婚を切り出された

   icon2015年10月23日 22:50      
382裏切られ者 ♯パオ 2015/10/21(水) 13:17:22.67 0.net
◆現在の状況
 離婚をせっつかれている
◆最終的にどうしたいか
  離婚回避、離婚ならば俺が作家になるまでの月々の生活費振込 
◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額)
  30歳 小説家 去年は80万くらい、今年は0
◆配偶者の年齢・職業・年収(手取り額)
  32歳 人材派遣会社課長 720万
◆貯金額
  2人で1000万オーバー? 俺は0
◆結婚年数          4年
◆子供の人数・年齢・性別   なし
◆相談者と配偶者の離婚歴、あればその理由  お互い初婚 

嫁が街で50代のジジイとくっついて歩いてた。2人で車に乗ろうとしたので俺突入。「ヒトの嫁になにしてるんだ!」

   icon2015年10月23日 20:55      
185名無しさん@HOME 2015/10/18(日) 22:47:54.01 0.net
年収300万(額面)会社員 42歳 オレ
年収200万?(額面)パート 41歳 妻
子供 娘 一人(小6)
中古持家 月5万 残り23年(950万)
貯金 630万 保険300万 合計930万
同棲5年 結婚期間16年
お互い初婚、親は離れた県内に別居
最終的に記憶から消したい。

嫁は年の割に見た目キレイな方、今年の3月頃、
嫁職場が忙しくなり、(3人中、2人辞めた。店)帰りが23時前になる。休みもほぼなし。
その間、娘の食事、家事等はオレ

嫁は筋金入りの守銭奴で同棲の頃から、全額オレの給料全額渡して、
オレの自由になる金はほぼ無しで21年間年に1、2回飲みにいくだけの地味な生活。嫁も服にきを使う位。
家の預金額は何回聞いても教えてくれない。

一生懸命、パートし子育てし貯金するペット好きの嫁を信じていたので、
安月給、ゴミ、等の酷い暴言にも21年堪えた。

余りの酷い暴言に、物に当たる事はあったがケガさせた事はない、
その後、野獣と化した嫁に噛みつかれてケガした事は何度もある。

娘は、幼少からピアノ、家には、分不相応なグランドピアノ嫁は昔から娘だけにはお金を使ってた。

愛人作って子供まで生ませた元夫が、「来月結婚する娘に会わせてほしい」と言ってきた

   icon2015年10月23日 18:22      
ただ聞いて欲しいの!ハイ聞きましょう!368

747名無しさん@HOME 2015/10/22(木) 16:58:46.75 0.net
私が義両親の介護の最中に愛人を作って子供まで産ませた元夫が
来月結婚する娘に会わせてほしいと、親類伝手に言ってきた
その親類は披露宴に招待してるんだけど
「もしよかったら自分の席に彼を座らせてあげて」と言われてびっくり

娘も息子も絶対拒否する姿勢
その親類には招待を取り消させてほしいと連絡した
信頼できる人だと思っていたけど所詮夫側の血が流れてるんだと思った

ドライブの途中、車を降りて休んでいると、子供が泣きながらこちらに走ってきて何かを訴えてきた

   icon2015年10月23日 15:54      
163名無しさん@おーぷん 2015/10/22(木)20:36:22 ID:BKh
少しとっちらかっているかもしれませんが、御容赦ください
ドライブの途中、車を降りて休んでいると
子供が泣きながらこちらに走ってきて何かを訴えてきたんです
最初は親とはぐれたのかなと思ったけど、どうも違う様子
でも、話を聞こうにもその子供が障害持ちなのか
「おうあいうウェイウェイ!!!」と言った風に何言ってるか全然わからなかった
しかも服を引っ張るしすごく迷惑

その時は周囲に誰もおらず、どうしたもんかと思いつつ、
子供をなだめるためにジュースを買ってあげたりしてなんとか落ち着いてくれた
そして話を聞こうとしたんだけど、子供特有の冗長な話し方で話の本筋が全くわからない
しかも滑舌が悪く言ってる言葉も意味不明
そんなこんなで子供の対応に四苦八苦していると見かねた他の大人たちが集まってきてくれた

それでやっと子供の親が事故にあっていて自分だけ動けるから助けを読んで来いと言われたと言うことが1、2時間かけてわっとわかった
慌てて救急車を呼んで皆で子供と現場に向かうも、父親がもうすでに意識がなくなっている状況だった
助け出そうにも工具がないと無理なひどい有様だった

不妊治療の末、ようやく息子が生まれたのに夫の浮気判明。私「離婚だ!」 夫「息子とは離れたくない!」

   icon2015年10月23日 12:47      
551おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/10/22(木) 12:21:03.93 ID:K5eYH/ph.net
わりとよくある離婚話。

うちは結婚して3年たって調べた結果
夫が原因で子供が出来にくい事が判明。
私は精神的にも肉体的にも金銭的にもハードだと聞く
高度な不妊治療までしなくても
夫婦二人でやっていけたらいいと思ってたんだけど、
何度話し合っても夫がどうしても子供が欲しいと頭を下げて来るので
苦労してようやく息子が生まれた。
ホワイトな職場とは言えフルタイムで働きながらの不妊治療は
本当に辛かった。

従姉妹が結婚して沖縄旅行を計画。そんな時、従姉妹の母親が派手に転んで足を骨折してしまった

   icon2015年10月23日 10:36      
780名無しさん@おーぷん 2015/10/22(木)00:39:24 ID:Kx6
長文ですすみません

私は10年以上前に上京してて、親も親戚もみんな田舎にいる
私の母は親戚の中では若手の方で爺さん婆さん達の世話で毎日忙しいらしい
たまに帰郷した時は私も手伝うが、いつも一人で全てこなしている母の体が心配な今日この頃(色々あって父は居ない)
そして昨年、私の従姉妹=母の姪(42)が婚活パーティーで出会った男と結婚した
従姉妹にとってはほぼ初めての恋人だった
従姉妹も従姉妹旦那(43)もお世辞にも見た目がいいとは言えない、売れ残り同士カップルで、出会いから結婚まで1ヶ月と言うスピード婚っぷりも傍から見て焦り感満載だった

ちなみに従姉妹はハリセンボンの角野卓造をもっと太らせて目を細くした感じ だから以下春菜
従姉妹旦那は愛嬌を皆無にした不潔なチャンカワイみたいな感じ だから以下カワイ
お互いがお互いしか居ないって感じでどっぷり共依存、いい年して激しい束縛、全く周りが見えてない、人前でいちゃつく、なんか何から何まで痛々しい夫婦だった
その上カワイはコミュ障でウチの親戚とまともに会話どころか挨拶も出来ない

彼氏の誕生日にサプライズで5号サイズのケーキを作ったら、苦しそうに食べて真っ赤な顔の彼が…

   icon2015年10月23日 08:33      
973名無しさん@おーぷん 2015/10/21(水)13:16:20 ID:QZe
埋めついでに書き逃げ。
数年前付き合っていた彼氏の誕生日に5号サイズのケーキをつくった。
当日私の家に来る前に二人でスーパーによって手料理→実へデザートに~といったちょっとしたサプライズを計画。
実際に手料理を振る舞うまではうまくいった。

そしてサプライズのケーキを出したところ、彼は大喜び。作って良かったな~と思った。
さて食べよう!と思ったところで宅配便が。
当時一人暮らしをしていた部屋はオートロックで、すぐに施錠できるはずなのになぜかできない。
仕方なく自分がエントランスまで取りに行くことにした。
「食べるのちょっと待っててね」と言って部屋を出た。
オートロックは簡単に開き、軽い荷物だったのでその場で受け取りをして、部屋に戻るまでは3分くらいだったと思う。

部屋に戻るとウーウーと苦しそうな声を出して、彼が真っ赤な顔をしてうめいている。
続きます。

夫が元嫁のわがままに付き合ってたら、いつの間にか私の精神が崩壊。耐え切れなくなって、母に電話で泣きついた

   icon2015年10月23日 00:46      
344離婚さんいらっしゃい 2015/10/19(月) 13:32:32.78 .net
【自分の年齢・性別】 22、女
【相手の年齢】33
【結婚年数】 半年
【子供の有無】 現在妊娠3ヶ月
【相談内容】(なるべく簡潔に・自分・相手の経済状況についても簡潔に)
私は今は専業、夫は手取り20万、家賃は夫の会社が出してくれている

元嫁のわがままに付き合っていた夫、間接的に振り回されてるうちに私が精神病になった。
そのせいで家庭が上手く回らない。離婚した方がお互いの身のためと思うようになってきました。
元嫁の荷物を元嫁実家に届けたりした。
元嫁の支払いをしている事に結婚2ヶ月に領収書が出てきて気が付いた。
荷物は自分で忘れたのがいけないんだし、
着払いで送れば?と言ったらそれじゃ元嫁が傷付くと言われたり、
支払いをする必要無いと思うし、支払いしてる意味がわからない。私ずっと知らなかったし。
同棲期間から貯金したいから私働いてたけど、
元嫁の支払いをしてたら出来てないよね?騙されてたって事?夫は無言。
これでも頑張って簡潔に書いているつもりだけど、
実際はもっと色々あって、もっと元嫁がお花畑全開だった。


掲示板
月別アーカイブ
記事検索
QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク
スポンサードリンク
ワロタあんてな
ぶろにゅー
子育てちゃんねる
キチママまとめ保管庫
哲学ニュースnwk
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ