鬼嫁ちゃんねる

鬼嫁ちゃんねるは2ちゃんねるなどから家庭・生活の話題を紹介しています。


2018年03月

浮気した夫と離婚。私の留学先に元夫が現れ、「母を洗脳しやがって!このクソ女!」と腕をナイフで刺された

   icon2018年03月29日 21:00      
459おさかなくわえた名無しさん 2018/03/29(木) 00:19:06.27 ID:9uwigemf
ちょいマザコンの元夫から母親を奪って刺されたこと

自分は某医療系研究者で子供二人産んだ時に
先輩と入れ替わりでアメリカの大学の研究施設への留学を打診された
当時、夫実父は亡くなって夫実母と私たち夫婦は同居して
子供は夫実母が見てくれてて私は働けてた

留学の話をしたら夫はウキウキで行ってくれば!と言ってくれた
まぁ後で分かるんだけど、この時既に不倫されてたんですけどねw
夫は騒がしい子供が居ない上に、母が居れば生活は問題ない
不倫相手と好きなだけ夜の生活三昧できるから大喜びだったと思う
唯一の計算違いは夫実母が外人のベビーシッターに孫や嫁を任せられない!と
私の留学先に夫実母が付いてきた事

3人目の妊娠がわかった途端、義父が「通帳に金を振り込んでおいたから、堕胎しろ」と電話してきた

   icon2018年03月29日 20:12      
520名無しさん@HOME 04/03/26 11:52
3人目を妊娠。
それがわかった途端、「産む気なのか?」と電話をしてきた義父。
「堕ろせとおっしゃるのですか?」と聞くと、「そんなことはワシには言えない」と言う。
ムカついたので「今、子供がそばにいますので」と電話を切った。
その週末のこと。その日は娘の運動会。

「足が痛いからいかない」と言っていたはずの義両親がいきなりやってくる。
ウチに来るなり、旦那にむかって
「お前らは何を考えてるんだ。一家心中する気なんかッ!」
と怒鳴りつけた。
(ウチは自営業。確かに経済的な余裕はあまりありません)

その後、運動会の会場でも義父の説教は延々とむ続く。
辟易した旦那が「娘を見に来たんだからやめてくれ」と言うと、
「今まで話したことはなかったが、うちも昔、そういうことがあった。
ワシは母ちゃんに土下座して、おろしてもらった」と さ も 辛そうに告白。

それを聞いた旦那が「だから、俺にも子供を殺せと言うのか?」と言い返すと、
「欲しくて作った子供じゃないのなら、そうしてもいいだろう」と言い放ちました。
義母は私の肩を抱き「女は辛いよねぇ」と涙ぐんでました。
もう、アホかと。

その日の夕方、再び電話があり
「嫁子さんの通帳に金を振り込んでおいたから、(堕胎を)頼む」
と言われましたよ。
こんな義父、殺してもいいですよね。

夫友人が42の厄年を過ぎて婚活を始めた結果…

   icon2018年03月29日 17:54      
125名無しさん@おーぷん 2018/03/28(水)11:58:00 ID:EGy
仕返しというか弟が言い返したってだけだけど。
夫友人が42の厄年を過ぎて婚活を始めたのよ。
この人元は悪い人じゃないんだけど、女性に縁がなくて彼女はずっといない。
仕事仕事で生きてるうちに婚期を逃してしまったタイプで、悪条件は特にないから
「婚活か~流行りだね~いいんじゃない?」みたいに聞いてたの。
ちなみにうちは大学のときから付き合って社会人4年目で結婚。
夫のまわりはこのパターンが多くて、学生時代彼女がいなかった人はみんな独身か晩婚。
だからこの友人も周囲を見てあありあせってなかったんだけど、42過ぎたらさすがに寂しくなったみたい。

甥っ子が私のアイスを勝手に食べたのが原因で両親と絶縁し、さらに両親が離婚した

   icon2018年03月29日 14:30      
610名無しさん@おーぷん 2018/03/27(火)13:40:12 ID:oSn
甥のせいで両親と絶縁し、更には両親が離婚したのが一番の修羅場

これは私が高3の頃の夏休み
当時の我が家は魚をくわえた猫を裸足で追いかける主婦が主役のアニメを実写化したような家庭だ(皆さん、あのアニメで再現すれば面白いと思いますよ?)
両親と姉と小二の息子(甥 Tヲとしよう)と私の5人家族
あのアニメの違いは主婦の旦那ポジと弟ポジはいないことくらいかな?(姉はバツイチで出戻り)

事の発端が起きたのは夏休み
私はバイトで給料が出たため、アイスを家族分買って帰り、夕食後皆に振る舞った
しかし私は当時ダイエット中で、一日二食8時以降は水だけで何も食べないでいたため、私の分は翌日部活から帰った時食べようと思っていた
翌朝、私は朝食を終えるとすぐに学校に
部活を終え、汗だくになった私は帰宅後すぐにシャワー
母が作ってくれた昼食を食べてからデザートにアイスをと冷凍庫を開けると、ない!
ごみ箱を調べると、そこには空のアイスの蓋とカップが・・・・
しかも蓋にはしっかり私の名前が書かれていた(私は万が一のことを考え、油性マジックでひらがなで名前を書いた)

優秀な彼女のお陰で進学校に入った息子が、「落ちこぼれた彼女をいびって別れるように仕向けてくれ」と言ってきた

   icon2018年03月29日 12:20      
5名無しの心子知らず 2011/01/07(金) 16:57:37 ID:f9hRBgJu
流れぶった切るけど
現在高校受験真っ只中の息子がいる。

それで息子に彼女がいるんだけどこの子が勉強できる子で、
同じ高校に行くべく息子に夏以降基礎から徹底的に叩きこんでくれたようで
息子の成績は12月の3者面談で担任にここまで上がるとは思わなかったと
言われる程の上昇をしてくれた。

ここまでだと良い話なんだけど勉強という名目でずっと一緒にいる。
例えばこの冬休みだと朝の9時くらいに家を出て行って夜7時くらいに
帰って来る感じ。これを一日以外毎日。

学校ある日だと4時半くらいに学校から帰ってきてすぐに出て行って7時半くらいに帰って来る。
この間ずっと2人っきりらしい。
まあ成績が上昇している以上こっちも強く出れないし、勉強している事も事実ではあるだろう。
夜遅く帰って来るわけでもないし。

でも本人も勉強だけしているわけではないと認めている上、
彼女の方は親に女友達と勉強していると嘘を付いているらしい。
何より2人共高校では部活にも入る気もないようだし、
今からこんな生活して受験の緊張が取れたら
どんな爛れた生活になるかのかと思うと胃が痛い。

A「私さんが送料負担したんだね。割り勘しよ」 私「じゃあ50円お願い」 A「え?こっちは社交辞令で言っただけなのに!」

   icon2018年03月29日 10:30      
9511/2 2011/02/22(火) 04:17:21.40 0
出会った人をしょっちゅう怒らせて大勢に嫌われてるAさん。
今年子ども会役員が一緒になったせいで最近私も胃が痛い。

例えば私・Aさん・役員Bさんが3人で子ども会の会議の予定が入った。
Bさんの子はとってもシツコクって(これは本当)、
Aさんの子は絡まれた事もあって苦手だと以前に言っていた。

「うちの子、Bさんの子と会って遊んだら爆発しないかな・・」
とAさんが言うので
「じゃぁ私からBさんに子供たちは今回お留守番にしようかって言ってみようか??」
と言ったら、

私がBさんの子はしつこいと指摘すると何故か勘違いしたAさん
「えぇぇぇ!!!Bさんにそれを私さんが言うの??
 そんなんイキナリ言われてBさんどう思う???
 余計なことせんといて、って言うか私さん人として最低よ!!!」
Orz・・・大人になって身内以外に最低って初めて言われたよ。

夫に家事と料理を覚えてもらいたい。「私が病気の時、家事を変わってあげようと思わないの?」と夫に聞いたら・・・

   icon2018年03月29日 08:00      
755名無しさん@お腹いっぱい。 2012/08/23(木) 10:46:22.23
質問です。

夫に家事を覚えてもらいたいです。特に料理。
普段は専業の私がやってますし今後もそれでかまいません。

ただ病気したときなどの非常事態だけでも家事料理をやってもらいたいです。
今まで私が病気のときは「家事などやるな、ねていろ」と言ってくれます。
やさしいです。

でも代わりにやってくれるわけではないです。
普段から家事料理をしていなかった男性はどんな言葉をかけたら「やろう」と思いますか?

職場の専門職の女性が結婚するらしく、「君がいなくなると困る、結婚はあきらめて」と全社総出で説得したら・・・

   icon2018年03月29日 00:50      
518名無しさん@おーぷん 2018/03/27(火)11:03:31 ID:maM
職場の若い専門職(全社で二人しかいない設計関係)の女性が、
ネットゲームのオフ会がきっかけで遠距離恋愛からプロポーズされた。

しかし、会社に専門職が二人しかいないし、
その人がいなくなると専門ソフト動かせる人間も居なくて困る、
今回の結婚はあきらめてくれないか、と全社総出で説得。
でも女性は首を縦に振らない。
「引継ぎできる人を探してください。私は嫁ぎ先に行きます。」
と頑として譲らない。
だんだん会社が「○○ちゃんを早くお嫁に行かせてあげよう派」と
「絶対に仕事を続けてもらおう派」で
対立してギスギスしてくる。


掲示板
月別アーカイブ
記事検索
QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク
スポンサードリンク
ワロタあんてな
ぶろにゅー
子育てちゃんねる
キチママまとめ保管庫
哲学ニュースnwk
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ