勇者降臨 義理家族に言ってスカッとした一言 その73

786名無しさん@HOME 2006/01/24(火) 13:12:14
久しぶりにスレ覗いたので記念パピコ。長文スマソ

夫婦で家を購入した時に家無き子のウトメが浮かれまくり
こちらの都合まるっと無視して転居一週間後に押し掛けてきた。
来る前にした約束事も次々と反古にされ、将来どんなに泣きつかれても
とても同居はできない人達だとその時点で私は目覚めた。
(それまでは旦那が一人っ子なのである程度覚悟してた)


さて、多忙のため時期をずらせと何度も言ったのに聞き入れなかったトメに
予め旦那は「一泊しかさせないから」と念を押していた。
しかし遠距離別居のウトメは
「せっかくこっちまで来たから帰路は旅行しながらのんびり帰る」
「そのつもりで向こう(市営住宅)は何日でも留守できるようにしてきた」
「だけど手配してないし旅行行けるかなー」
などと言い出し、何日でも我が家に居座る構えを見せた。

「行き先も決めてないんですか?もしかして旅行したことないんですか」
と、私が聞くとトメは「ちゃんとガイドブックは持ってきてるわよ」と
鼻息を荒げて本を広げ候補の宿について語りだした。
私がすっと席を立ってPCを立ち上げると何も言ってないのに
阿吽の呼吸で旦那が宿の名前を読み上げる。
私 「ネット予約やってますね。明日空いてます」
旦那「サンキュ、今すぐ押さえちゃってくれる」

翌朝、状況が飲み込めていないウトメを夫婦で車に押し込んだ。
旦那は旅行馴れしてないウトに
「もう宿とっちゃったんだから絶対泊まらないとダメなんだってば」と言い聞かせ
「もっとここに居たかった」と私に文句を言ってきたトメに私は
「しょうがないですよ無理矢理いらっしゃるから。
せめて旅先ではのんびりしてくださいね。では、さようなら」と挨拶した。

かつてあれほど爽やかな余韻に浸れたさようならを私は知らない。
もう2年も前の話だけど、私は偽両親との付き合い方を変えたため
その日以来ウトメとは2度と顔を会わせていない。




788名無しさん@HOME 2006/01/24(火) 13:15:33
素晴らしい!!!!!
こっちまで爽やかな気持ちだ。
GJ!GJ!GJ!

790名無しさん@HOME 2006/01/24(火) 13:24:16
>>786
夫婦でGJ!

787名無しさん@HOME 2006/01/24(火) 13:14:05
えっと一言が見当たらないんですけど

789名無しさん@HOME 2006/01/24(火) 13:24:13
>>787
[では、さようなら]じゃね?

794名無しさん@HOME 2006/01/24(火) 15:00:45
>>786
「では、さようなら」、GJ!

793名無しさん@HOME 2006/01/24(火) 14:13:49
「では、さようなら」
その後会っていない事実から考えるに、
最強のスカ台詞ですぜ!

791名無しさん@HOME 2006/01/24(火) 13:50:41

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

おーぷん2ちゃんねる 家庭ちゃんねる


注目サイト最新記事

人気記事ランキング