374 愛と死の名無しさん 投稿日:2009/11/25(水) 10:50:34
本当に私だけが不幸だった結婚式。長文です。

入社したての頃、職場先輩(新郎)の式に招かれた。
新郎は若手ながら大きな仕事を任される、将来の幹部候補。
披露宴も盛大で、順調に成功の階段を登っているなあという感じだった。
それが、式をひと月後に控えた日曜日のこと。不意に新郎弟から電話が入った。
実は新郎弟とは高校・大学の同級生、卒業後も偶に飲む仲(今は疎遠)。
だから気にせず電話を取ったのだが、様子がおかしい。
やたらとある同僚女性について訊いてくる。
?となりつつも、正直によく知らない旨伝えた(新人だし&噂話が苦手なので)。
すると新郎弟は「そうだよなぁ?」と盛大なため息。
さすがに理由を尋ねると、新郎弟は一気に捲し立てた。
何でも、新郎が「来月の式はこの人と挙げたい」とその女性を連れてきたという。

日程や予算等は同じ・新婦を換えるだけ、というのが新郎の言い分だったが、
当然認められるはずもなく、現在家族会議中とのこと。
その最中、新郎弟はふと私の存在を思い出し、電話してきたらしい。
「兄貴が悪いんだろうけど」と前置きしながらも、新郎が女に騙された可能性も探っている様子。
女性に関する第三者(私のこと)の意見を聞きたがった。
残念ながら、私はその期待に添えなかったけれど。


375
愛と死の名無しさん 投稿日:2009/11/25(水) 10:52:21
>>374続き

しかし吐き出したことでスッキリしたのか、新郎弟は清々しく電話を切った。
とはいえ、こちらは呆然。その後も音沙汰ないし。
会社ではいつも通りの新郎に訊けるはずもなく、新郎弟にも訊きづらく、人にも話せず、
私は一人悶々としていた。
事の顛末を聞けたのは、式の一週間前。
口止め代わりに奢ってやると新郎弟に誘われた席での事だった。
結論は、新婦を含め変更無し。
落ち着けば、新郎も新婦の変更が容易じゃないと気付いたらしく、同僚女性とは別れたそう。
騒動も新郎家族内のみで落ち着いたため、新婦の耳に入らず済んだとか。
取り敢えず万事OKらしい。私も安心し、新郎弟と食事を始めた。
しかし酒が進んだ頃、新郎弟が不意に真顔になり「兄貴ってコネ入社なんだ」と呟いた。
聞き返しても、母方祖母が会社の大株主だとしか答えてくれない。
私は脅しと受け取った。
(現に、件の女性は不自然な時期に移動した。)

376 愛と死の名無しさん 投稿日:2009/11/25(水) 10:54:48
>>375続き(ラスト)

そうして迎えた結婚式。何のトラブルもなく、大盛況の内に終わった。
しかし、上記のような経験をした私の心中を察して欲しい。
新郎への美辞麗句も、幸せそうな新婦も、にこやかな親族も、何もかも虚しかった。
何より新郎弟から脅されたこと、これが一番きつかった。
新郎弟としては、私にしゃべった事は独断ゆえに秘密で、何としても隠したかったのかもしれないが。
こっちは格差というか階級差というか、努力を越えたものを突き付けられた気がして凹んだ。
まあ、僻みも多分にあるけどね。
新郎も新郎弟も勝ち組街道まっしぐらだし。
(新郎弟は2chでも悪名高い大企業勤務。親族が重役にいるが、コネ入社は否定してる。)
頑張っても一般職程度の者としては、式の最中も妙に惨めだった。

以上です。失礼しました。

378 愛と死の名無しさん 投稿日:2009/11/25(水) 11:25:12
>>376
激しく乙…。

379 愛と死の名無しさん 投稿日:2009/11/25(水) 11:36:20
新郎も弟も、兄弟そろってクソだということでよろしいか?
つーことはだ、それを育てた親もクソってことか。

387 愛と死の名無しさん 投稿日:2009/11/25(水) 14:10:26
374-377
本当に1人だけ貧乏くじというかそんな感じの式(前後)でしたね…


   このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

おーぷん2ちゃんねる 家庭ちゃんねる


注目サイト最新記事

人気記事ランキング