129恋人は名無しさん 2008/07/20(日) 22:14:24 ID:sm1B8bXZ0
昔、世の中がバブルと呼ばれていた80年代末のこと。
私は大学卒業後に某大手メーカーに就職し、
若手営業として毎日バリバリ仕事をしていた頃の事です。
同じ営業部にいた当時まだ珍しかった大卒総合職のA子と入社以来
数年間付き合っており、結婚の約束もしていました。 

私はA子のことは好きだったし永年にわたる体関係もあったので
けじめをつける意味もあってA子からの
「私もうそろそろ27歳なのよ、いい加減に結婚してよ」という要求に応えて結婚を承諾し
もうそろそろ双方の両親に挨拶に行こうか。
というあたりまで話が進んできていました。


130
恋人は名無しさん 2008/07/20(日) 22:14:54 ID:sm1B8bXZ0
しかしながら当時の私には結婚するにあたって不安に思う事が一点ありました。」
それは・・・・・彼女は料理どころか掃除洗濯が殆どできない人間で、
それでも結婚に向けて専門学校で習うとか母親に教わるとか
前向きな姿勢があれば良かったのですが、その事を指摘する私に向って
「今は男女関係ない時代なのよ、私ができなくても
あなたがやればいいじゃないの、結婚後も共稼ぎの予定なんだから
お互い協力してやっていきましょうよ」と、
かなり無茶苦茶な返答ばかりで、
徐々に彼女と結婚するのがちょっとばかり厭になってきていました。

131恋人は名無しさん 2008/07/20(日) 22:15:30 ID:sm1B8bXZ0
そんなある日、取引先社長ご子息の結婚式がありその披露宴に上司
と一緒に出席したのですが、披露宴に出席していた新婦親族の女性
と会話を交わしたことをきっかけにお知り合いになり友達づきあいが始まりました。

彼女とは一緒に美術展を見に行ったり映画を見に行ったりする程度
の軽い付き合いで当初はそれ以上の関係になる気は全く無かったのですが、
付き合っていくうちに彼女はまだ二十歳そこそこで若いのに
家事が上手で性格も良くとても魅力的な内面を持つことに気づき
彼女のことがとても気に入ったのと彼女のほうも私の事を憎からず思っていた事もあって
彼女と徐々に深い関係になっていきました。
そんなこんなで状況が変化して同僚のA子と結婚する気はかけらも無くなり、
どうやって婚約解消を申し入れようかと一週間程度真剣に悩みました。

132恋人は名無しさん 2008/07/20(日) 22:16:19 ID:sm1B8bXZ0
さまざま考えてみましたが、これはやはり正直に言ったほうが良い
だろうと思い彼女を仕事が終わったある夜、某シティホテル最上階のレストランに呼び出しました。
そしてA子に対して「実は他に好きな人ができたんだ、その人は
貴女と違って家事が上手で家庭的で本当に性格も良い素晴らしい人なんだ。
本当に申し訳ないけどあなたと結婚する事は不可能に
なってしまったので私のことは忘れてもらえませんか」と正直に言って詫びました。
同時に「お互いの両親に挨拶していなかったにせよ今回のことは
婚約破棄にあたるから規定の慰謝料はきちんと払うつもりだ」と
彼女に言ったのですが・・・・・・・・・・

134恋人は名無しさん 2008/07/20(日) 22:17:05 ID:sm1B8bXZ0
私の話を聞いて顔色が真っ青になっていた彼女は
「ふ~ん、そうあんたも世の中のオヤジどもと一緒でそんな家庭的な若い女の方
がいいんだ、あたしみたいな能力のある女は嫌いなんだ」と言いつつ
急ににこやかな表情で「わかったわよ、あんたが私のことが
嫌いなんだったらしょうがないね、別れてやるよ」と言ってくれました。

ところが、ほっとして礼を言おうとしていた私の脳天をいきなり激しい衝撃が!
なんとA子はテーブルにあったワインボトルを渾身の力で私の頭に叩きつけてきたのです。
叩きつけたあとA子は席を立って帰ってしまったのですが
その後頭を切って流血した私と凍りついたかのような満席に近いレストランの客が残されました。

138恋人は名無しさん 2008/07/20(日) 22:23:05 ID:sm1B8bXZ0
給仕さんが私の手当てをしてくれたのですが、
アルコールが若干入っていたこともあり、なかなか血が止まらず結局救急車を呼ぶ騒ぎとなり
店にかなりの迷惑をかけてしまい、食事していた客の皆さんの雰囲気を壊してしまって
本当に申し訳ないことでした。

もしかして読んでおられる方の中にあの時の間抜けな風景をご覧になった方もおられるかもしれません、
あの時は雰囲気を壊してしまって誠に申し訳ありませんでした。

140恋人は名無しさん 2008/07/20(日) 22:25:59 ID:sm1B8bXZ0
その後A子と別れた私は新しい家庭的な彼女と結婚して
90年代の不況も乗り切って子供もできて、幸せに暮らしています。
ぶん殴った程度で別れてくれたAこのおかげで幸せを手にいれて
幸福に生きている人生を改めて噛みしめながら。
ちなみにその後のA子ですが、精力的に仕事をこなして昇進して
会社初の女性上級管理職になりましたが最後まで独身のままでした。
最終的に婦人科系の癌で先年亡くなりました。

南無。

142恋人は名無しさん 2008/07/20(日) 22:27:40 ID:sm1B8bXZ0
そんな下らなく間抜けな中年の回想です。

駄文失礼。

141恋人は名無しさん 2008/07/20(日) 22:26:54 ID:3o15TU1d0
心変わりは仕方ない
結婚相手に何を求めるのかは人それぞれなんだし
しかしワインボトルで殴りかかるなんて危ない女だ


   このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

おーぷん2ちゃんねる 家庭ちゃんねる


注目サイト最新記事


人気記事ランキング