661名無しさん@おーぷん 2017/01/14(土)04:46:49 ID:9YD
前にいた会社の話。
創業者の先代社長は一人で全国に顧客を開拓したやり手だったんだが
高齢で引退、一人息子に社長の座を譲った。
この二代目社長が、当時40代半ばで独身ネトゲ中毒。
ボクチンより頭のいい社員は全部クビ!(というか、逃げられた)
ボクチンは立派なパパンの息子!だからボクチンも立派!
だから得意先もどんどん発注してくれるべき!
ボクチンのお仕事はネトゲしながら「じゃ●りこ」を食べること!
(デスクの周りは空のカップが積んである)
ボクチンに尽くすため社員のサービス残業は当然!

これで利益の出る会社があったら教えてほしい。
ここまでが前提。

私は製作部のいくつかある班のうち、1つの班のチーフだったので
社長を引きずって得意先に商談に行った。
遠方の会社を複数回るので、泊りがけの出張になった。
ビジネスホテルのシングルを2部屋取った。
が、私が女なので、何か勘違いしたらしい。
夜、自分の部屋にいると、社長が内線電話で、
明日の商談のために企画書を書いたので見てくれと言う。
明日拝見しますと答えると、いやぜひ今夜のうちに、と。
その企画書とやらが本当なら、たしかに今夜のうちに見ておいた方がいい。
社長の部屋へ向かった。

案の定、ドアをノックすると、
ドアを開けた社長は、風呂から出たてのほやほやで、ホテルの浴衣一枚のお姿。
じゃ●りこで膨らんだ腹から湯気が立っている。
「じゃ入って。打ち合わせをしよう」
はいそうしましょうとなるわけないだろうが。
シロートドーテイのくせに。(←男性社員の噂話による)
だいたい、私は社長と同い年だ。
陰で私をババアと呼んでるのも知っている。(←男性社員の噂話による)
女ならババアでも何でもいいのかよ。
ドアの外側に立ったまま「企画書を見せてください」と言うと、
「いやまだできてなくて、話し合いながら書こうと…」
「じゃ、明日拝見します」さっくり早足で逃げた。
当時2ちゃんは知らなかったが、ポケットにICレコーダーは忍ばせていたけどね。
続く。


662
名無しさん@おーぷん 2017/01/14(土)04:49:04 ID:9YD
続き。
その出張が功を奏し、発注があったのだが、
どうも材料を仕入れる資金さえ怪しくなってきたらしい。
社長が私のデスクまで来ていわく。
「私さんは独身で、子供もいないね」
「そうですが」
「それなら、仕入れの金を少し都合してほしいんだけど」
「はい?」
「売上げが出たら必ず返すから。百万でいい」
その時手にしていた、1メートルのステンレス製ものさしを
そいつのじゃ●りこ腹に突き刺さなかった自分の理性を誉めたい。

もう限界だ。
先代は男女差別をしない人で、
しっかり仕事で鍛えてくれた恩があるから我慢していたが、もうダメだ。
弁護士に依頼して、未払いの残業代を請求しつつ辞めることにした。
(一応チーフという管理職だったが、
弁護士に、私の業務はいわゆる「名ばかり管理職」だと判断してもらった)
どうせ潰れるだろうから、労基に行ってもしょうがない。

弁護士からの内容証明を見た社長が製作部に飛んで来た。
怒り出すかと思いきや、社員に向けて
「私さんが僕を訴えるって!でも僕はちゃんとやっていたよねえ!」と涙目で訴えた。
全員に黙殺されていた。
辞める日、最後に挨拶をすると、社長はなぜか慈愛に満ちた目になり
「よその会社で嫌なことや辛いことがあったら、いつでも戻ってきていいんだよ」
私はぐったりして返事もできなかった。

で、2年くらい後にその会社は潰れた。
潰れる直前、社長はじゃ●りこ(の脂)が血管にみっちり詰まってぶっ倒れ、
ICUに担ぎ込まれて一命を取り留めたらしい。(←最後まで残った社員からの情報)
まだ50代だからすぐ回復したことだろう。よかったね。

663名無しさん@おーぷん 2017/01/14(土)11:20:27 ID:HGq
>>661
じゃがりこ風評被害ww
お疲れ様でした!


   このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめサイト最新記事

おーぷん2ちゃんねる 家庭ちゃんねる


注目サイト最新記事


人気記事ランキング