287おさかなくわえた名無しさん 2017/02/17(金) 14:48:41.72 ID:ShgNgmGq
親戚の子供の話。
その親戚は母子家庭で中学三年の男子の一人っ子。この男子をB君とする。
B君は基本的に物静かな性格。しかし部活はガチガチの体育会系。試合の時などは闘争心丸出しで頑張るという、静と動の切換がある。
さらに言うと勉強は嫌いだが頭の回転は速い。ニュースなどもよく見ており、世界情勢の話題なんかでも大人と遜色ないくらいに話せる。

そんなB君が三年の夏休みの前日、教室で友達としゃべっていると後ろから消しゴムをちぎっては投げてくる馬鹿がいた。こいつをCとする。
B君ははじめ無視していたが、しつこく投げてくるCに止めるよう言うが止めない。
頭にきたB君はCの手を払いのけたが、その拍子に持っていた消しゴムが飛んでいった。普段B君は逆らったりすることがなかったので、Cはたったそれだけで逆上しB君に殴りかかった。
その所為でB君の右目は大きく腫れ上がり、眼球の毛細血管が切れ白目の部分が赤く染まった。病院で診察をうけた結果、しばらく激しい運動は控えるようにとなった。

間の悪いことに夏休みに入ってすぐ、三年間頑張ってきた部活の試合があった。B君は怪我のため出場できないことが確定した。
B君の悔しさたるや計り知れず、友達が遊びの誘いに来るも家に籠もる日々だった。

Cの暴挙から5日くらい後、学校からCの親御さんが謝罪に伺いたいと連絡があり、担任、C本人と母親の三人が自宅に訪れた。
B君は部屋に籠もっており、母が相手をしていたがCの担任が直接謝罪がしたと言い、B君はしぶしぶその場に出た。

続く


288
おさかなくわえた名無しさん 2017/02/17(金) 14:49:44.41 ID:ShgNgmGq
「B君、Cも反省しているんだ。新学期が始まるまでにクラスメイトだし、仲直りできたらいいだろう」
二人の亀裂を修復させるためか、この事件を大事にしたくないためか、やたらと仲直りを勧めるような話をし続けていた。
「先生、僕が三年間どれだけ部活を頑張っていたのか知っていますか?」
「もちろん知っているよ」
「この怪我の所為で、最後の試合に出られなくなって、僕の三年間の努力が無駄になったんですよ」
「確かに試合には出られなかったが、努力した日々はB君にとって無駄じゃないだろう。試合だけが部活の全てじゃないと先生は思うぞ」
「それは先生の価値観ですよね?僕にとっては試合が全てでした」
「……」

B君の反撃が始まった。
「それにコイツはまだ僕に謝ってすら無いんですよ」
「ご、ごめん」
「言われてから謝っても遅い。それで許してもらえると思うな」
「B君、Cも反省しているんだから」
「反省したら僕の三年間が戻るのですか?」
「それは…」
「はっきり言います。僕はCを許すつもりはありません。ただのクラスメイトで友達とも思っていないですから。喧嘩は友達とするものでしょうけど、これは暴力です。僕はしかるべき場所へ訴えますので、今日は帰ってください」

続く

289おさかなくわえた名無しさん 2017/02/17(金) 14:51:19.59 ID:ShgNgmGq
「B君、Cの母として私からも謝ります。許してあげてもらえないですか?Cも最近、勉強なんかで悩んでて、それで少しイライラしていたりしてて」
「コイツの頭が悪いことが、僕に関係あります?」
「それは……」
「はっきりいいます。今回の件は傷害事件として警察に被害届を出します。あなたたちの対応をみて、今決めました。これからすぐに病院で診断書を貰って、今日中に届けを出しますので後は警察と相談してくだい」
「そんな警察なんて、なあ、B君、学校でのことじゃないか。B君が許せば丸くおさまる話だろ」
「先生、それっておかしくないですか?被害者は泣き寝入りってことですか?」
「そういう訳じゃないよ。いつまでも許さないって言っても、いいことないじゃないか」
「先生、僕の目は失明していたかもしれないんですよ?そんな暴力を受けたのに、ゴメンの一言で許さなければいけないんですか?どう考えも釣り合わないでしょう」
ここでCの母が悲痛に言った。
「ほんとうに申し訳ありませんでした。今日はお詫びのものも持ち合わせてないので、後日改めて伺わせていただきます」
「それは示談ってことですか?ちゃんとするから、警察には届けをだすなということですか?」
「そうして頂けるのなら」
「ちょっと、ちょっと、示談とか取り下げとか、話が大げさですよ。B君のお母さんはどうお考えですか?」
「私は息子が望む解決法が一番だと考えています。最後の試合に出られないと決まったときの姿をみていますから」
「ということです。母は僕に一任してくれています。ではCのお母さん、治療費と慰謝料をあわせて百万円お願いします」
担任が声を荒げた。
「B!大人に向かって言い過ぎだぞ!」
「そんな事ないですよ。中学生でも三年間、休まず新聞配達すればもっと稼げます。二度と戻らない三年の時間が百万なんて安いくらいですよ」
「でもなぁ……」
「Cのお母さん、大丈夫ですか?」
「そ、それは……」
「B、やっぱりお金で解決するなんておかしいぞ。もう十分だろ?」
「じゃあ先生は僕と同じ状況になっても、心から相手を許せるんですか?」
「ああ、先生は許す」

290おさかなくわえた名無しさん 2017/02/17(金) 14:52:45.63 ID:ShgNgmGq
「わかりました。そこまで先生が言ってくれるんなら、僕はこれから先生の目に失明の可能性のある攻撃を加えます。それでCの事も許します」
「B、先生への攻撃とCの事は関係ないだろう」
「関係なく無いですよ。先生は僕に、理不尽な攻撃を理不尽に許せと言う。僕は許さないって言っているのにです。なら僕の気持ちをフラットにするなら、Cの目を同じようにするしかない。でもそれは先生が許さないでしょう。
なら先生が身体を張って、僕の気持ちをフラットにするのが最善なんじゃないですか?C、お前はどれがいい?失明覚悟で俺に殴られるか、百万を払って終わりにするのか、警察に捕まるのか、それとも、先生がお前の身代わりになるのか?」
Cは黙ったままだが、担任をちらりの見た。
担任の顔は引きつっていた。

「先生、覚悟はいいですか?」
「わかった、お前がそれで気が済むなら殴れ」
「C、お前先生に感謝しろよ。こんなに素晴らしい先生はいないぞ」
Cはガクガクと頷いた。
全員が玄関から出て、担任が覚悟を決めB君に向き合った。
B君の隣に立つCに静かに言った。
「C、これから俺は先生を全力で殴る。止めるなら今だぞ」
「……」
「わかった。先生、見えてると反射的に避けちゃうかもしれないので、目をつぶってて下さい。僕にとっては大切な一撃ですから」
「……」
担任は何も言わずに目を閉じた。
「じゃあいきますよ」
横で成り行きを見ていたCの目をB君は思いきり殴りつけた。
悲鳴を上げるCの母、状況がつかめず身動きのとれない担任。B君の母だけが静かに様子を見ていた。

B君はCへの復讐をずっと考えていた。どうすればCに身体的、精神的に絶大なダメージを与えられるのか。
この一件は事前にある程度考えていたようだが、担任をフェイクに使うことは当日に思いついたらしい。
担任というか学校側は「喧嘩両成敗」で事を納めた。
Cの目は思い切り腫れたが、失明などは無い。ただし、夏休みが終わってからも登校することは無かった。

B君はいま、いい大人になりエリートビジネスマンの道をひた走っている。
この話を聞いたとき、B君には逆らわないようにしようと誓った。

終わり


   このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめサイト最新記事

おーぷん2ちゃんねる 家庭ちゃんねる


注目サイト最新記事


人気記事ランキング