283名無しさん@おーぷん 2018/01/06(土)18:24:42 ID:cs1
今日の午後、某三井アウトレットの一階でしゃがみこんで
ワァワァ泣いて注目集めてたのはうちの小姑さんです。
お騒がせしました。
なんか失恋したみたいwww

断ってるのにさ、こっちの買い物に無理矢理着いてきた結果が失恋w
しっかし35にもなって情けない奴。
ザマミロ。



285
名無しさん@おーぷん 2018/01/06(土)20:49:58 ID:gPe
>>283
kwsk

297名無しさん@おーぷん 2018/01/07(日)00:12:20 ID:r2I
>>283です。
kwskされたのでID変わるかもですが書きにきました。
慣れてないから長いけどごめんなさい。

小姑さんは旦那の姉で義実家住まい。
私が結婚してから10年経つけど浮いた噂一つない。
毛玉だらけのベージュの三段フリルのチュニックにブーツカットデニムの裾を引きずったファッションするような人。
申し訳ないけど顔の造り(何というかすごく嫌な顔)、化粧もしない、髪もボサボサ。
小姑さんは口を開けば誰かの悪口しか言わない人だしこちらの生活にも干渉してくるからハッキリ言って私はこの人が嫌い。

小姑さんのことを除けば義実家とは良好な関係だし
近距離なのもあって月に数回は義実家に行ってるんだけど、最近になって小姑さんがウキウキで「彼」の話をするようになった。
誰かの悪口を聞かされるよりマシだからとりあえず話を聞いてると相手は昨年から転勤でやってきた五歳上の上司でバツイチの子無し。
とても優しいし、私は別にバツイチでも気にしないしとニコニコな小姑さんの話を適当に聞いてた。

で、今日。
用事があって義実家に行った時義母に「今日はこれからアウトレット行く予定です」と話したら私も一緒に行くと始まり、断ってもしつこくて根負けして結局小姑さんと行くことに。

そこで偶然「彼」と遭遇した小姑さんがめっちゃ嬉しそうに駆け寄ってく。
これがまた感じよさそうなイケメン。
でもなんか雰囲気が変。
小姑さんと丁寧に挨拶は交わしたけど、明らかに解放してほしそうな空気がすごい。
このあたりで私はwktkモード。
その後にお待たせーって現れた子供二人を連れた女の人、小姑さんの存在に気付いて気まずそう。

バツイチ子無しなんて嘘じゃんwwwww
小姑さん騙されてやんのwwwww
って思ったらなんか違う。
文字通りその場にへたりこむ小姑さん。
ドン引きしながら「そ、それじゃ…」と言ってその場を去る男女と子供二人。

通路塞いで邪魔なので、この段階でワァワァ泣いてる小姑さんを隅の方に引っ張る。
みんな見てるし恥ずかしいったらなかった。
大きな声で
「どーしたんですかーーー」
「言わないとわからないですよーーー」
と言って、周囲に泣かせたのは私じゃないアピールw
嗚咽の間に聞こえた内容をまとめると
・上司に裏切られた
・一緒にいたのは同じ会社のシングルマザーのパートさん&子供達
ということらしい。

ここまで見てたぶんわかると思うけど、小姑さんと上司に付き合ってるという事実はなし。
「付き合おうと言われてはいなかったけど信じてた…!」って35歳にもなってorz
ちなみに小姑さんが普段からブスブスって悪口言ってたパートさん、普通の可愛い人でした。
同い年に見えないよ?チャラチャラしてるんじゃなくて普通にオシャレなだけだよ。

これを機に小姑さんおとなしくなるといいなー
つーか来週から会社行けるのかしらw

299名無しさん@おーぷん 2018/01/07(日)01:16:18 ID:9j6
>>297
うわぁ…おつでした
身内からしたらすごい大変そうだけど「どーしたんですかー」で笑ったw

594■忍法帖【Lv=1,トロル,OsX】 2018/01/10(水)17:59:25 ID:9Bz
先日こちらでアウトレットで失恋して号泣した小姑さんの話を書いた者です。
その後に書こうか迷いましたが、間もあまりあいてないのでこちらに来ました。

昨日の朝、義母の通院の付き添いのため朝から義実家にお邪魔したのですが普段なら出勤でいないはずの小姑さんがなぜか家にいましたw
私の訪問にも気付かず母娘でバトルです。
体調が悪いわけでもないのに仕事に行かないんですから、大声出したくもなりますよね。
小姑さん、親に真実を伝えるのは恥ずかしいという感覚は持っていた模様。

えぇ、まさかの失恋したから行きづらい休む無理という理屈でサボりやがりましたよ。
タイミングを見て突入し、義母には支度をするよう急かしました。
その間も二度と会社行けないとワァワァ泣く。
形はどうあれ失恋は失恋だしとちょっと同情してたんですが、小姑さんのこの発言でそれも吹っ飛んびました。
「あのシングル!(お前もだろ)また私に恥かかせやがった!」って怒りが収まらない。
私はこのセリフで思い出した事がありました。

昨年のバレンタインデーまで遡るんですが、小姑さんと今回登場したパートママさんは以前揉めてから仲がよくないそうなんです。
その理由はパートママさんが「お返しはいらないから一人2個食べて、置いておきます」と言ったゴディバのチョコ。
小姑さんはバカなことにそれを一種類ひとつずつパクってるところをパートママさんに目撃されて注意され、あろうことか「一個しか食べない人だっているだろうし」と逆ギレ。
(「俺の分食べていいですから」と言ってくれたらしい件の上司を称賛、そして恋に落ちる)
他の男性陣も見てる前で空気読まない奴だとプンスカしてたな小姑さん。
パートママさんへのお詫び?するわけないw状態。

あいつは私をどれだけバカにしたら気が済むのって怒りまくってたけど、自業自得以外のなんでもないと思う。
「◯◯(上司)さんは、ありのままの私を受け入れてくれる人だったのに」に吹き出しそうになったw
向こうだって受け入れた記憶はないと思う。
「いい人ならいい人に惹かれて当たり前では?」と言ったら箱ティッシュ投げてきたから退散した。

というのが昨日の話。
今日も会社サボったらしいです小姑さん。
私は愚痴を聞くフリして内心pgr中。
上司とパートママさんは小姑さんが会社に来ない理由の察しがついてるんだろうと思ったら笑えてくる。
何年も続けてる会社辞める宣言、実行したらどうかしらとニヤニヤが止まらないです。


   このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめサイト最新記事

おーぷん2ちゃんねる 家庭ちゃんねる


注目サイト最新記事


人気記事ランキング