902名無しさん@お腹いっぱい。 2018/07/04(水) 20:42:33.55 ID:5ZWxoS3h0
学生時代に知り合ったけど、相手はさほど自分を思ってくれていなくて、
間もなく振られたよ。
しかし、4年半後に再会、その2年後に結婚。
再会したきっかけは、一通の手紙だった。

学生生活が終わり、住んでいたアパートを引き払うための荷造りをしていて、
いろいろ懐かしくなって、ふとその人のことも思い出した。
その勢いで、単なるお礼と修士修了の報告の手紙を書いたんだ。
そうしたら、予想外に返事が来て、そして、会うことになって、
さらに付き合うことになって、結局は結婚だよ。


それにしても、何でその時になって手紙を出そうなんて気まぐれを起こしたのか。
4年半も経てば、記憶の遠い彼方に飛んでいってしまっているはずなのに。
しかし、その理由は、それから30年以上経った今になってわかってきた。

大学大学院時代には、お気に入りの食堂が幾つかあった。
その中でも特段気に行っていた中華料理店が彼女の親戚だった。
それを教えてもらった時は驚いよた。
その店は、彼女と知り合う前から通い詰めていたからね。
味が抜群なので、彼女に振られてからも同じように使っていた。
「それはそれ、これはこれ」みたいな感じで。

しかし、掲示されている調理師免許の免状の名前を見ると、
「そうなんだよな、あの子の親戚なんだよなこの店」と思った。
もちろん毎回そんなこと考えたわけではないけど、
時々はそういう思いになっていた。
そうやって、4年半、細い糸がつながり続けていたのかも知れない。
いよいよ学生生活も終わるとなった時に、その糸の存在に気付いて、手繰り寄せようとしたのだろう。
やっぱり、その中華料理店の存在が、自分たちを結びつけていてくれたとしか思えない。

当然、その中華料理店とも親戚関係(義理のおじおば)になったけど、
その店はだいぶ前に高齢のため閉店した。
その義理のおばが、最近体調を悪くしたという話を知らされて、細い糸の存在が見えてきた。
遅まきながら、ようやく謎が解けたよ。

結婚30年過ぎたけど、いい嫁さんだと思えるよ。
知り合う前から、その中華料理店に通っていたけど、
それは一杯の中華丼から始まった。
余りにも美味しくて、とりこになったからな。
中華丼で結ばれたと言っても過言ではあるまい。 @鬼嫁ちゃんねる


   このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

おーぷん2ちゃんねる 家庭ちゃんねる


注目サイト最新記事


人気記事ランキング