235名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/10(月) 20:55:28.11
あぁ、結婚してよかったなぁと思ってる、俺の独り言

すげーかわいい、天使みたいな女の子と知り合って
なんだかんだでお付き合いさせていただいたら
「私、男の人とお付き合いするのって、初めて…なんです///」なんて言われて

舞い上がって舞い上がって地上25mくらいまで舞い上がりつつも
落ち着け俺と常に言い聞かせながら、彼女と健全なお付き合いを重ねて
「好きです」「私も///」みたいなイベントを経て、手を繋いだりして

「ほら、月が綺麗ですよ」「もう少し一緒に月を見たいです///」みたいな
イベントを経て、唇を重ねたりして

「お父さんは一流企業で働いてるんだよね」
「うん、でも、お父さんはお父さん、あなたはあなたです」
「でも俺ってドカタ(いわゆる建設作業員だった)だし」
「一生懸命頑張ってるあなたに、付いていきたいです///」みたいな
イベントを経て、結ばれて

「お父さんに、ドカタなんかに娘はやらん!って言われたね」
「私はもう娘じゃなくて大人です、あなたについていきます(キリッ」
って言われて、この娘を守るために俺の人生全部使おうと
矢先に

彼女が事故で死んで
彼女と仲が良かった、彼女の弟さんの尽力のお陰で
なんとか告別式だけは、参列させてもらったけど

全てを失った、と思った
もういつ死んでもいい、つーか、死にたい、と思った

続き書いてもいいですか?駄目なら止めます @鬼嫁ちゃんねる


236名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/10(月) 20:58:02.54
ぜひお願いします @鬼嫁ちゃんねる

246名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/11(火) 12:44:32.24
続き

こんなに悲しいなら、もう女はいらねえ、一生独身ですごそう
そう思った

友人たちに、飲みに誘われ、久しぶりに会いに行ったら
見知らぬ女の子がいた
友人の一人の知人だとか
あ、どうも、、とか挨拶した、かもしれない

三軒目のバーで飲んでたとき、仲のよい友人が、
「気持ちは分かるけどさ、でも、ずっと独りで
いるのも何だし、彼女を作ったら?」
と言った
わりーけど、お前には俺の気持ちなんて
わかってねーよ、ここにいる誰も
俺の気持ち、わかんねーよ
って言ったら、見知らぬ女の子が
顔を覆って、泣き出した

彼女は、夫を亡くしたんだと、他の
友人が俺に耳打ちした
彼女と俺を励ますための、飲み会だった
俺はうなだれた
彼女はまだ、泣いていた
後悔した @鬼嫁ちゃんねる

252246 2013/06/11(火) 17:19:40.79
>>246続き

彼女は、自分が夫を亡くしたことなど、おくびにも
出さずに明るく振る舞っていた
事情を知っていたのは数人だけだったようだ

俺は、彼女に詫びた
彼女は、いえ、誰のせいでもないんです、
仕方のないことなので、とまで言って
また、ぽろりと、涙をこぼした

俺の彼女も、荒んでいる俺をみて
天国で悲しんでいるかも、と思った

この人を笑顔にしたい、と思った

飲み会の後、俺は共通の友人から、
彼女の連絡先を聞き出して
かなり強引に、デートの約束を取り付けた
あとは、ひたすら押した
お付き合いしてください、と @鬼嫁ちゃんねる

264246 2013/06/11(火) 19:53:27.17
>>252続き

押し負けた彼女は、俺と度々出会って、同じ時間を過ごすようになってくれた
彼女の薬指には指輪が光っていた
操を立てていることは、分かっていた

でも、俺は、彼女を笑顔にしなくちゃいけない、と思った

デートを重ねていったある日、彼女に言った
旦那さんのお墓参りを、させてほしい
彼女は最初、戸惑ったが、はい、と答えた

彼女の亡き夫の墓は、綺麗に掃除されていた
きっと彼女が日を置かず訪れているからだろう
墓石には名前が刻み込まれていた
彼女は、その墓石を見て
自分の夫の名がそこに刻み込まれているのを見て
どんな気持ちになったのだろうか、と考えたら
涙があふれた

俺は、俺の亡き彼女が眠っている墓を知らない
教えてもらえなかったからだ

泣いている俺を見て、彼女も泣いた
彼女の亡き夫は喫煙者だったと聞いていたので
火を付けたタバコを備えた
彼女は「ありがとう」と言った @鬼嫁ちゃんねる

265246 2013/06/11(火) 19:58:14.53
>>264続き

そして彼女とのお付き合いが続き、彼女は徐々にではあるが
笑顔をみせてくれるようになった
彼女は、焼き鳥が好きだと言った
焼鳥屋さんでデートした

あまり強くないお酒を飲んだ彼女は、かなり酔ってしまい
このままじゃ(実家に)帰れない、すこし休みたいと言った
来た、と思った

そういう場所に移動した
彼女は、そういう場所で
涙をこぼしながら、それまでずっと薬指につけていた、指輪を外した


彼女の涙は、熱かった @鬼嫁ちゃんねる

266246 2013/06/11(火) 20:07:36.82
>>265続き

彼女は色々なことを俺に告白した
亡き夫は、幼なじみで初恋の人だったこと
亡き夫は、とある宗教に入っていて(ご両親も)
結婚の話になって彼女の両親に会った時、彼女の両親が
君の宗教と私の娘と、いずれかを取らなければならない時に
君はどちらを取るのかと問われて、沈黙の末に宗教だと答えたこと
それでも彼女は、亡き夫と結婚したいと思い、両親の反対を押し切ったこと
亡き夫の両親に、とても冷たく扱われたこと
夫を亡くした時に、味方になってくれたのは、亡き夫の姉だけだったこと

そして、彼女は不妊症であることと、子供はおそらく望めないこと

涙を流しながら、俺の腕の中で、彼女は俺に告白した

俺は、彼女がどれだけ辛い思いをし、それに耐えてきたのかを
考えた
俺も辛い思いをしてきた
だけど、彼女に比べれば俺なんて、どうってこと無いじゃないかと思った

俺は俺の彼女を失ったとき、もう死んでもいい、死にたいと思った
だけど、今は死にたくない、死んではいけない
今俺の腕の中にいるこの人を、笑顔にしたい、しなくちゃいけない
腹くくった

全部ひっくるめて、あなたと結婚したいのです
きっと、あなたを笑顔にします、必ず幸せにします

彼女は「はい」と答えた @鬼嫁ちゃんねる

267246 2013/06/11(火) 20:13:13.79
>>266続き

俺実家に彼女を連れてきた
俺、この人と結婚する
俺の両親はびっくりしてた
そりゃそうだろう、まだ2年しか経ってないんだから

そして喜んでくれた
こんなかわいいお嬢さんが娘になってくれるなら大歓迎ですと
ろくでもない息子ですが本当にいいんですかと
おいおい、もうちょっと言葉を選べよと

彼女は、笑っていた

彼女の実家に挨拶にいった
お義父さんとお義母さんは、こう言った
前の結婚は強く反対した、そして、娘にとても辛い思いをさせてしまった
今度は賛成しようと思う、ただし、君が本当に娘を大切にしてくれるなら
君は、娘を置いて先に逝ったりしないか?

俺は「死ぬ気で生きます」と言った
お義母さんは吹き出した
お義父さんは苦笑いしながら
娘を大切にしてくれ、と言った @鬼嫁ちゃんねる

269246 2013/06/11(火) 20:24:02.02
これで最後

結婚してからも、色々なことがあった
嫁がどうしても不妊治療したい、あなたの子供を授かりたいと主張し
3年間がんばった、それなりに金も使った
そして、話し合って、治療を打ち切った

俺が、結婚直前に就職したS友不動産を、結婚2ヶ月で退職した
数ヶ月仕事に就けなかった
嫁は俺に相談もなしに、S友生命の生保レディになって
1年間勤めて、自己契約しまくって大変なことになった
俺はS友不動産の次に某地元不動産屋に就職して、3ヶ月で係長代理になり
(上司曰く、会社始まってのスピード出世だと言われた)
でも5年で転職し、以来10年で8社を渡り歩いたが
二人でなんとか飯食える程度の給料は確保した

嫁は飲食パートで、助けてくれている
先月、前からやってみたかったというパン屋に、入った
俺の朝飯は、嫁が作ったサンドウィッチになった

今週末、10周年の結婚記念日に
嫁と一泊二日の旅行(っていうほど大袈裟じゃないけど)に
出かけます
嫁は、毎朝、笑顔で
仕事に出かける俺を送り出してくれます
俺はそんな嫁を、玄関先で振り返って
抱き締めてキスして、それから会社に向かいます
帰宅したら自宅には明かりがついていて
嫁が「おつかれさま、ごはんできてるよ」と
微笑んでくれます

あぁ、結婚してよかったなぁと
一年中、毎日、毎朝毎晩、思っています
この瞬間も思っています

終わり @鬼嫁ちゃんねる

272名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/11(火) 21:56:39.20
>>246
とてもいい話だったよ。
末永くお幸せにな。 @鬼嫁ちゃんねる




   このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

おーぷん2ちゃんねる 家庭ちゃんねる


注目サイト最新記事

人気記事ランキング