947名無しさん@おーぷん 2018/11/24(土)05:16:10 ID:FPb
10年近く前の話
仲良かった友人が不倫のあげく中絶した
水子供養をA寺で行いたいから一緒に来てほしいと言う
A寺はいわゆる観光名所的なお寺だが水子供養のお地蔵さんが何百体と並んでいるようなところ


正直中絶の水子供養なんて相手の男と行けと思ったが拒否されたらしく、でも一人じゃ行けない(?)とのことで付き合うことにした
A寺の入り口(普通に観光客がチケット買ったりする所)で予約してあることを告げると控室みたいなところに案内され、
そのお寺のご本尊という大きな仏像の前で読経を行うと説明された

しかしそこは観光名所寺のご本尊、お参りに来た観光客から丸見え
丸見えって言うか、読経を聞く私たちのすぐ後ろに賽銭箱があってそこに観光客が並ぶという至近距離
衝立くらいあってもいいじゃん…と思いながら読経を聞いてた
しかも読経の中に「やまだはなこ(もちろん仮名)の~すいし~うんぬん」なんてあって名前丸わかり
なにこの公開水子供養ともやもやした
けど友人はスッキリしたみたいだった

その後友人は懲りずに不倫を続け2回目の中絶をしたあたりで喧嘩別れとなり今どこで何してんのか知らない
こないだ紅葉目当てでA寺に行ってそういえばこんなことがあったと思い出しカキコ
修学旅行の中学生や10年前よりどっと増えた外国人観光客で賑わうA寺のご本尊の前にやっぱり衝立は無かった @鬼嫁ちゃんねる

948名無しさん@おーぷん 2018/11/24(土)05:30:20 ID:FPb
もう一個思い出したB神社での出来事、やっぱり10年くらい前の話
B神社はいわゆるお稲荷さんで鳥居がずらーっと並んでて神秘的なん雰囲気
やはり観光名所扱いされるような存在だけど時間帯によっては人気も無く夕暮れ時なんかはちょっと怖い
本殿のすぐ隣にお守りとか絵馬とか売ってる小さな小屋があり、17時くらいまでそこにおじさんが一人いる
(神職の方かどうかはわからない)

ある日そのおじさんに質問を投げかける青年がいた
「ここはお寺ですか?」
「いやお寺じゃないんですよ、神社です」
「お寺じゃないんですか、どう違うんでしょうか」
「神様がいるんですよ、京都に伏○稲荷って大きなところあるでしょう、あそこの系列で…」
とにこやかに説明していた

青年は日本人じゃないのか?と思う程度にはもの知らずで(日本語は変じゃなかった)、けど説明には納得したようでしばらくするとお礼を言って立ち去った
そして青年の姿が見えなくなったのを確認して、おじさんは携帯電話を取り出した
「今出ていきました、数分後にそちらを通過するはずです。
青色のシャツに黒の帽子、30代くらいです(←青年の特徴)」
「ええ、ハイ…そうですね、そんな悪いものって感じじゃなかったんですけど…ハイ」
横のベンチで休憩してた私にもはっきりこれ聞こえた
え?なにこれ????で頭の中?でいっぱい
オチなしです、これ何だったんでしょう?
神社に詳しい人いたら教えてください

ちなみにこのB神社もこないだ観光がてら行ってきた
京都の伏○稲荷にも何年か前に行ったんだけど、そういえばと思い小屋にいるおじさんに聞いてみた
「伏○稲荷でお願い事したんですけど、お礼参りってこちらでしてもOKなんでしょうか?」と
そしたら
「いやーうち伏○稲荷さんとは何の関係も無いんですよ。同じお稲荷さんていうだけで(笑)」って…
じゃああの時聞いた説明は何だったのか
謎が深まってすっきりしない…

もしかしてオカ板案件? @鬼嫁ちゃんねる


   このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

おーぷん2ちゃんねる 家庭ちゃんねる


注目サイト最新記事


人気記事ランキング