469名無しさん@おーぷん 2018/12/14(金)15:55:31 ID:pck
40年前に、友達A子が経験した修羅場。
40年前ですよ。そこをよく覚えていてね。

高校に入ったばかりのころ。その高校は駅の真ん前にあって、
電車通学の生徒はほぼ全員、その路線の決まった時間の電車に乗っていた。
他の通勤通学客もいるし、当然、電車は激混み。当然(!?)女子生徒を狙った痴漢が出る。
しかし身動きもままならないほど混んでいるし、始業時間は近いしで、
被害にあっても泣き寝入りというか、やり過ごしていた。


そんな日々の中で、ついにA子の堪忍袋の緒が切れた。
ある朝、A子は自分に痴漢していた男の手をがっしりつかみ、「この人痴漢です!」と叫んだ。

当時、痴漢は犯罪であるとはわかっていたが、女性男性を問わず、
「大したことではない」「やり過ごすのが当然」、
なんなら「隙を見せた女性が悪い」「男を誘うような恰好をしているのが悪い」「減るもんじゃないし」
と考えるのが普通だった。
さらに男性のなかには「痴漢が趣味、誰にも迷惑をかけてないし」「痴漢されるのを待っている女もいる」
「女だって気持ちいいはずだ」などと公言してマスコミに出てくる大馬鹿もいた。 @鬼嫁ちゃんねる

470469 2018/12/14(金)15:56:43 ID:pck
そんな時代背景であったから、A子に加勢してくれる人はいない。
痴漢は駅についてドアが開くなり、A子を振り切ってホームに逃げた(学校のある駅ではない)。
A子はそいつを追ってホームに飛び出し、朝の駅が混んでいたから痴漢がうまく走れないのを幸いに、
追いついて服をつかみ、「この人痴漢です!」と叫び続けているうちにやっと駅員が来てくれた。

A子が「警察を呼んでください!」と駅員に訴えると、痴漢は「やってない」と言い張り、
駅員も「え~それくらいのことで」という態度だったが、A子が譲らないので警察が呼ばれた。
警察が来ると、痴漢はたぶん怖くなったんだろう、やったことを認めた。
A子は「被害届を出す、裁判もする」と主張した。15歳の女の子がですよ。
とりあえずA子の親が迎えに来て、その日はそこで終わったらしい。
遅刻もしたことのないA子が学校を休んだので、
私たち友達は「どうしたんだろうね?」と言っていたのだが、翌日にA子から上記の話を聞いた。

結局、A子の両親が弁護士を雇って、痴漢とは示談が成立した。
裁判をしたところで“微罪”だからわずかな罰金か執行猶予だろうし、
なにより“個人情報の保護”という概念がなかった時代のことで、
A子の名前も住所も痴漢に知られているから、“お礼参り”をされてしまう危険がある。
たぶん示談にする代わりに、A子に二度と近づかないという条件を盛り込んだんだろうし、
A子の両親の判断は正しいと思う。 @鬼嫁ちゃんねる

471469,470 2018/12/14(金)15:57:49 ID:pck
しかし、A子の本当の修羅場は下記の2行。
「お金なんかいらない。痴漢は犯罪でしょう。犯罪なら裁判をして有罪になるべきでしょう。
なんでそれができないの。こんなに嫌な思いをして、怖い思いをして、なんでお金で済ませられるの」

A子はそう言って泣いて両親に訴え、その話を私たち友達にしながらまた泣いた。
今でこそ示談はお金よりA子を守るためのもので、最も現実的な解決法だったとわかるが、
そんな“大人の事情”は15歳の悲嘆と憤怒を収められるものではない。
私達もA子と一緒に悲しんで、怒ることしかできなかった。

A子のことは、クラス中どころか学校中の噂になった。
男子のほとんどは「うへー」「A子こえー」「よーやるわー」という雑なリアクションだったが
ただ一人、「痴漢は犯罪行為なんだから警察に通報して当たり前だ。でもA子にケガがなくてよかった」
という、至極まっとうな感想を述べた隣のクラスの男子と、A子は大学を卒業してから結婚した。
あれから40年。A子はずっと、理不尽な目に遭っている女性を支援する仕事をしている。 @鬼嫁ちゃんねる

472名無しさん@おーぷん 2018/12/14(金)22:45:18 ID:C9H
A子すげー @鬼嫁ちゃんねる


   このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

おーぷん2ちゃんねる 家庭ちゃんねる


注目サイト最新記事

人気記事ランキング