今までにあった修羅場を語れ【その26】

482名無しさん@おーぷん 2018/12/19(水)01:28:46 ID:5l4
27の時に乳癌が見つかって手術することになった時、当時夫だった男から、
「大丈夫大丈夫、(私の名前)は胸が大きいから切っても変わらないよ!」
と言われて号泣したことがある
本人は励ましたつもりだったらしく憤慨していたが、結局それが原因で別れた


海老蔵さんの奥さんが亡くなったタイミングで病気が発覚したのもあって、
すごく不安だったのに無神経なことを言われて本当に悲しかった
手術後も胸を庇う仕草を見せると「怪我人アピール?」と言ったり、
放射線治療の為のマーキングの跡も「気持ち悪い」と一蹴された
当然夫婦生活はなくなり、私も治療の副作用でそれどころではなく、
同居人以下の冷め切った仲になった
治療に専念する為に傷病休暇を取っていたけど、
「専業主婦ならもうちょっと気合い入れてご飯を作ってよ」などと言われたこともある
全くの無収入状態ではなかったのに

夫との生活が息苦しくなる中、
治療の後遺症で母乳が出なくなるらしいと伝えたら、あっさり離婚を提案された
そして、病気が発覚して1年が経つ頃に、私達は他人に戻った
復職したのはいいけれど、夫と出会ったキッカケになったのがその仕事だったので、夫と間接的に関わるのが苦痛で退職した
良くしてもらったのに、本当に申し訳なかった
次の職の当てもなく退職してフラフラしていたら、隣県に住む祖母から「こちらにおいで」と誘われて、祖母が大家をしているアパートの一室を借りて管理人のようなことをすることになった
失業保険の給付期間が終わる頃に、一念発起して転職活動し、今の会社に就職した
未経験の職種で右も左も分からなかったが、前職の経験をフル活用してガムシャラに働いた
もう男性と縁はないだろうと思っていたけれど、奇特な人はいるもので、30を過ぎて恋人ができた
胸の治療痕を見せても何も言われなかったし、
「あなたがいいです」と言われて、ひさびさに泣いてしまった

もうすぐ彼と入籍する
私にとってこの数年間ずっと修羅場のようなものだったから、ようやく人心地つけると思うと感慨深い @鬼嫁ちゃんねる

483名無しさん@おーぷん 2018/12/19(水)02:03:33 ID:n96
27で癌が見つかって、海老蔵さんの奥さんが亡くなったタイミングで病気が発覚。
30過ぎて恋人が出来た。


海老蔵さんの奥さんが亡くなったのは去年だ。 @鬼嫁ちゃんねる

484名無しさん@おーぷん 2018/12/19(水)02:07:31 ID:zNp
いちいちフェイクに突っ込むなよ @鬼嫁ちゃんねる

485名無しさん@おーぷん 2018/12/19(水)09:15:43 ID:6hD
>>482
おめでとうございます
理解ある良い人に巡り会えて本当に良かったですね
これからの人生に幸多かれと祈っときます @鬼嫁ちゃんねる


   このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

おーぷん2ちゃんねる 家庭ちゃんねる


注目サイト最新記事


人気記事ランキング