1名無しさん 2019/06/19(水) 00:29:29.59 ID:oniyomech
結婚してもうすぐ1年。旦那とは沢山喧嘩してるけどそれなりに仲良くやってる。

義母や2人いる義姉とも仲良くさせてもらってて
1人の義姉とは旦那の愚痴を聞いてもらったりしてすごく可愛がってもらってる。

旦那の方も私の両親とすごく仲良くしてて、
特に私の父親とは二人で飲みに行ったり
仕事の相談を聞いてもらったりしている様子。

私自身、両親に旦那の愚痴とか喧嘩した時の話をしても
2人とも私の前では絶対に旦那の事悪く言ったりしない。
我が親ながら素晴らしいと思っている。


問題なのは、義祖母。
旦那にとっては母親よりも母親の様な存在で
すごく大事にしているが、この義祖母がすごく厄介。

少し前まで私自身病気になってしまい、(精神的な病気)
働いていた会社を辞め療養する為に家に籠っていた。

実際、簡単な家事をする事も大変で
外にも出たくなく、医者からも出来る意欲が出てきたり
出来る体力が出てくるまで何もしなくていい、と診断されている。


最初に旦那に話した時、精神的に追い込まれている事を
小出しで話をしていたにも関わらず全く信じてもらえなかった。

まだ新婚だった為、家族をもって責任を持つことができなかったようで
今となってはしょうがないかと諦めていた。

病院での診断書を見せて旦那がやっと事の大きさを把握。
実両親の元へ、旦那と2人で報告をし、
「辛かったらいつでも実家に帰っておいで」
と言ってもらえた。

義母、義姉には旦那が伝えてくれたようだった。
義母、義姉1からは、
「嫁ちゃん実家に帰ってもらって療養した方がいいんじゃない?」
と心配してもらった。

その事を旦那と相談した結果、
「帰ろうが帰らまいが、毎日の掃除洗濯の量が格段減るわけでもないからどっちでもいい」
と冷たい答えが返ってきた。

私は家政婦だったのか、と。


帰ろうとしようとしたのに、
この一言で帰るに帰れなくなってしまった。

その後も旦那に
「働いてないくせに」
「稼ぎがないくせに」
「(働いてた頃も)収入は俺よりも少なかったくせに」
「お前は病気なんだよ」

とモラハラちっくな事を言われ続け、
日に日にストレスが増え続けた。

その後に大きな喧嘩をした。
お互いの家族を巻き込んで話し合いをした。
(2人では旦那に上手く言いくるめられ、私の言う事を聞き入れてもらえないため)
実両親もさすがに私の味方をしてくれた。
義母、義姉1も私の味方をしてくれた。

ありがたかったのは、私の味方をしてくれたけど
私の悪い所、旦那の悪い所を
それぞれ皆さんが指摘してくださった。


そこから懲りることもなく大きな喧嘩が2、3度続いた。
私自身体調も良くなり始めていたのだが
この喧嘩の件でまた体調が悪くなりつつあった。
(この頃になると家事も人並みにできるようになり、
家中をピカピカにする事が私のストレス発散へとなった。
それなのに、手伝ってくれないのに、家事に対して細かい事ネチネチ文句を言われる)

旦那に対しての不平不満が募りに募り、ついに爆発した。
お互いが殴り合いの喧嘩のような形になり
(グーパンとかではなく、突き飛ばすとか軽いイメージのもの)
その事がきっかけで、長く続いてた喧嘩が終わった。


今回の件で旦那のモラハラ発言や態度や
それ以外の言動諸々を旦那自身に伝える事ができ、旦那は反省。
それから一度もそう言った事を言わないよう努力をしてくれている。

そんな後、義実家に行く用事があったため行くと
義姉1と義姉子、義祖母が待ってた。

外で実家に取りに言った荷物を積んでると義祖母が来た。
そこで言われた最初の言葉が、

「嫁ちゃんはもっと優しい子だと思ってたよ」

という義祖母の言葉。

……………はい?
すかさず義姉1と義姉子が駆けつけてきてくれた。

義祖母を巻き込んで何か話し合いをしたり迷惑をかけた事などなかった。
多分義母と義姉1が話していた私達の喧嘩の話を断片的に聞いていたようで、
旦那の、掴み合いの喧嘩の名残も見て一方的に私が悪いと思っていたようだった。

その後も、
「死んでも死に切れない」
「可愛がって育てた孫をこんなに傷つけて」
「がっかりだよ」と義祖母。

さすがに見兼ねた義姉1は
「旦那の方も悪い事いっぱいしてるんだよ」と擁護してくれるも、
その後も義祖母の私に対しての説教は止まらない。

「病気かなんか知らないけど、
私の孫(旦那)は朝早いんだよ。気持ちよく仕事へ見送ってあげなさいよ」

毎日家中綺麗にしてご飯作って
旦那の嫌味も受け止めてこれ以上どうしろと?
ご年配の方のお話だし、どちらに非があろうとも

「……はい。……はい。」

と黙って話を聞いていた。
だが顔を見て話を聞いていたけど、
顔を見る事も出来る事が出来ないくらい悲しくなってきた。
義姉1は私を擁護してくれるのに、旦那は何も言ってくれなかった。

そして義祖母の最期の言葉が、
「嫁ちゃんはもっといい奥さんになると思ってたよ」

なれなくてすいません。 でも貴方のお孫さん(旦那)と同じように
私も両親や祖父母に可愛がってもらって育ったんですけど。
旦那に対しての説教はその後もなく、私だけを叱り続け、満足したのか家へと帰っていった。

その後に義姉1に、
「嫁ちゃんにだけ言ったんじゃなくて
2人に言ってたんだから、
あんまり重く受け止めなくていいからね」

とまた擁護して下さった。

そうなのかもしれないけど、
義祖母はずっと私の顔を見て話をしていた。
きっと旦那のモラハラなんて
知らないに決まっている感じだった。

義姉子にも気に入られているので
その後30分程義姉子と遊びながら
義姉1と話し込んでいると、
家からチラチラと様子を伺う義祖母。

最後の方には外に出てきて
「何か食べたいご飯があるならいつでも言ってくれていいから。
そういう我儘ならいつでも聞いてあげるから」

最後のは義祖母の優しさだったんだろうが、
心なしか義姉子が私の周りをうろちょろするのを
阻止するような素振りをされたように見えた。。

すごく悲しかった。
可愛い我儘でも、義祖母には我儘は言えないなと思った。





※この投稿は鬼嫁ちゃんねるに寄せられた体験談です。
愚痴・悩み相談・体験談投稿フォーム
https://ws.formzu.net/dist/S26887444/





   このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

おーぷん2ちゃんねる 家庭ちゃんねる


注目サイト最新記事

人気記事ランキング