239名無しさん@おーぷん 20/10/01(木)23:03:00 ID:UU.a1.L1
高校の頃、凄く好きだった幼馴染の同級生
彼には年の離れた発達障害の弟と自閉症の妹がいて、よく面倒をみており、私も時間があるときは一緒に遊んだりした
私は彼の弟妹と話すのも好きだった
障害のせいか言葉に裏表がなかったし、二人とも素直でとても話しやすかった
弟妹それぞれ特技があって、それを見せてもらうのも教えてもらうのも楽しかった
高校時代は私が勉強に忙しく色恋沙汰は無かったけど、同じ大学に受かって余裕ができたときに告白されてお付き合いを始めた


同じ大学に受かったと言っても、彼は塾にも行かず障害を持つ弟妹たちの面倒を見ながら勉強して医学部に合格
対して私は技師になるために死ぬほど勉強してやっと合格できるくらいの差があった
彼が賢すぎるせいか、普通の会話でも凄く頭を使う必要があるんだけど、私はその疲労感が好きだったし
たまに頭を使わずバカなこと言って笑い合うのも楽しかった
彼は彼で、私が自分にない独特の発想をするから、話してると予想外のことばかりで面白いと言ってくれた
私は彼が弟妹たちを大切にしているところも好きだったし、そんな彼の人間性にも惚れていた
学生の頃はうまくいってたと思う

だけど仕事が始まると世界観はガラリと変わるし、結婚となると考えなきゃいけないことが増える
私は仕事が好きだし努力して手に入れたものだから手放したくなかった
だけど彼と結婚したら彼の弟と妹のことがあるし、将来的に二人の面倒を考える必要も出てくる
更に働きだして一年目に私が難病にかかり、普通の生活はできるものの人より体力が劣り薬も飲み続けなければならなくなった

彼と結婚し、働きながら家事育児を行って、定期的に彼の弟や妹の面倒を見る
どう考えても私の体力的に何かを犠牲にしなければならなかった
仕事は私が手放したくない
彼は子供がほしいし、弟妹のことも大切にしたいし、将来両親が亡くなったときのことも考えてる
私じゃ彼を支えきれないと思って、よくよく話し合って別れることになった
それでも良き友人であることには変わらなかった

私が別れたあと、彼を虎視眈々と狙っていた中学の同級生Aが即座に飛びつき、傷心してた彼を慰めて付き合い始めた
Aからは「こんな優良物件逃すなんて」と言われたけど、私の上記の考えを伝えたら
「そんなの、弟妹を捨てて私だけを見るように仕向ければいいのよ」と自信満々に言っていた

240名無しさん@おーぷん 20/10/01(木)23:03:48 ID:UU.a1.L1
それから数年後、Aの目論見は成功した
彼は弟妹をお荷物、ゴミのように考えるようになり、弟妹に会いに行って鉢合わせすると
「いつまであんなゴミ共の相手をしてるんだ?お前は物好きだな」と言われたりした
彼の母が「Aと付き合うようになってから長男が変貌した」と嘆いていたけど、
実際人相まで別人のように変わっていた
思想がまるで植○のようだった
彼がAと結婚するとき、結婚式に行きたくなくて、かわりに結婚祝いを持って彼の家に行き、そこで彼とAと私の三人で少し話した
Aには「こんな優良物件を逃すなんてバカなことをした。悔やんでも悔やみきれないだろう。
今後どれだけ願っても二度と手に入らないんだから」というようなことを言われた

もう私の好きだった彼はこの世のどこにもいないんだとこのときハッキリと分かって、強い喪失感を感じた
どんな表情をしてたのかわからないけれど、Aから「そんな顔したって彼はもう私のものよ」と言われた
彼もとなりで真剣な表情をして「ごめんな」と謝ってきた
私も気持ちの整理をつけるために
「私は家族を大切にする彼くんが好きでした。弟妹と一緒に遊んで一緒に笑える彼くんが好きでした。誠実な彼くんが好きでした。
でも私が好きだった人はもうこの世のどこにも居なくなったんだってはっきり解りました。
私は一番身近で存在の大きかった大切な親友を失っていたようです。
これまでありがとうございました。さようなら。お幸せに」
と告げてお祝いを渡して帰ってきた
彼は幸せな結婚をしたはずだった

だけど今年に入って私にロミオメールのようなものを送ってくるようになった
「俺が結婚したらお前は二度と俺を手に入れられない
でも逆もまた然りだった
俺はもう二度とお前と前のように下らない話をしたりできない、お前の時間を独り占めできない
お前との会話は何時間続いても楽しかった、お前の会話は俺を気遣った会話だったと今更気づいた
Aといる時間が長くなれば長くなるほど苦痛だ、話が合わない、理解できないし理解されない
(彼とAのIQは多分30は違うと思う。彼の弟妹も知能は高いので、IQ低い人との生活は初めてだったんだと思う)
また前のようにお前と気の置けない話したい、お前との居心地のよかった時間が懐かしい」
要約するとこんな内容

彼は今家族からも嫌われているらしく、実家にも逃げ場は無いらしい
私に逃げ場を求めてるのかもしれないけど、自分で驚くほど同情心がわかない
私の中であんなに好きだった彼は本当に死んでしまったんだなと改めて自覚させられた
私の百年の恋は燃え尽きて灰になってとっくに塵となって消え去ってたみたい

247名無しさん@おーぷん 20/10/02(金)10:03:23 ID:OX.sk.L1
>>240
彼は貴女と弟妹との世界メインで生きててさ、裏表のある人間に深入りしたことがなかったんじゃないかな?
純粋なだけに洗脳されやすかったと。
自分が間違ってたと知ったら赦して貰えなくても気持ち伝えて謝罪する姿勢は好感持てるよ。
しつこくまとわりつかれたら嫌だけどさ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

おーぷん2ちゃんねる 家庭ちゃんねる


注目サイト最新記事

人気記事ランキング