鬼嫁ちゃんねる

鬼嫁ちゃんねるは2ちゃんねるなどから家庭・生活の話題を紹介しています。



修羅場・衝撃

姉がKに公務執行妨害と暴行の容疑でタイーホされた

     icon2012年06月26日 22:23      
K=警察の略
1221/32010/03/21(日) 03:33:04 ID:0

流れを読まずに長文投下します。

ある日、義兄(予定)から、
姉がKに公務執行妨害と暴行の容疑でタイーホされたと電話が入った。
急いで母と一緒にKへ行くと、
取調べ中だから親族は面会できないとのことだったので、
何があったのかきいた。すると、

・姉、深夜泥酔でタクシーに乗り、指定箇所についたが熟睡状態。起こそうとした運転手を殴る。
・駅前だったので運転手は速攻交番へ駆け込む。
・戻ってきた運転手を殴ろうとする姉を制止しようとしたKを殴り、お持ち帰り。

という経緯だったとのこと。

仕方なく着替えだけ渡して帰り、速攻弁さん探しを始めた。
会社経営の親戚に頼るも、華麗にスルーされたので某保険やさんへ相談。
当該地区の弁護士会の人を紹介してもらい、
依頼等のセッティングもお願いし、
翌々日に弁さんとお会いして経緯を話し、姉と面会してもらうことにした。

姉の言い分は「酔っていて全く覚えてないから、殴ったとかわからない」の一点張りだそうで。
弁さんがなだめても脅しても「だって覚えてないものは覚えてないし」
弁さん大弱り。これじゃ方針の立てようがないですよ…と遠い目をされてしまった。

通常、罪を認めれば事情聴取が終わってから保釈されるらしいけど、
上記の供述だった姉は
「ヤバイんじゃね?薬とかキメてるかも」など思われてしまったらしく、当然保釈は却下だし
裁判が終わるまで出てこれないので、数ヶ月の拘留が事実上決定してしまった。


旦那になる人が酒入って豹変。友人は「あんな男と結婚しなくて良かった」と言ってる。

     icon2012年06月23日 21:47      
577名無しさん@HOME2005/10/19(水) 17:08:00

んじゃスレに沿った話でも。

恥ずかしながらうちの母は×2。1度目の離婚はまあありがちな理由。
で、2度目の離婚のきっかけになった話がちょっと修羅場。
酒乱気味で、それでも目立った暴力はなかった義父が
テーブルをひっくり返したんだよ。さすがに怖かった。

そこで一旦外に避難、しばらくしてから当座の荷物を取りに戻って
そのまま母実家に避難、そのまま離婚。
その間1週間もなかったと思う。即決断即行動の母GJと思っている。
あのままいたら暴力はエスカレートしただろうから。

エスカレートする前に逃げて怪我もしなかったからやっぱプチ修羅場だな。


ミニスカートでテニス大会に出場する母が照れくさかった

     icon2012年06月22日 21:14      
148名無しさん@HOME2005/07/29(金) 00:28:17

中学の頃、テニス大会に出場する母を応援に出かけたが、
母のウエアは他の人より一段と短いスカートだった。
こっちはもう照れくさいやらハラハラするやら。
カメラのレンズを母の後ろ姿に向けてる変態ぽいオヤジもいたが、
みんなも見て見ぬふりしてた。
周りの人に「あの人が自分の母親だ」と気づかれたくなかった。

母はかなり勝ち進んだこともあり、
他のママ達がジャージに着替えてるのに、
いつまでもミニスカートのままで、
しかもいつもの母らしくなく浮かれた感じですごく困った。
とにかく早く終わって欲しい、それだけのなが~いなが~い1日だった。
今思い出すと、なんで自分があんな思いしなけりゃならなかったのか、不思議。
人に語れなかった人生の修羅場だよ。


祖母の言葉がなかったら、たぶんあのまま心中していた

     icon2012年06月22日 18:52      
562名無しさん@HOME2005/10/16(日) 16:41:40

幼稚園のころの話。
父がひどいDVだった。
父が帰ってこなかった日の夜明け前、母が
「お母さんの方のおばあちゃんに会いにいこうね」
と私を車に乗せた。

DV父に子犬を飼う相談をしたが許してくれず、後ろから蹴り倒された

     icon2012年06月18日 12:12      
513名無しさん@HOME2005/10/13(木) 01:12:05

DV父には悩まされていましたが、
最初に受けた暴力の記憶が私の修羅場でした。

6歳の頃、小学校入学して近所に友達ができ、
子犬がたくさん生まれたのでもらってくれないかともちかけられました。
母に相談すると、父は犬好きなので大丈夫だろうということになり、
お試しで子犬を預かって父の帰りを待ちました。
 
しかし、当日父は機嫌が悪く、飼うことは許してくれませんでした。
私は仕方なく子犬を友達の家に帰しに行こうと家を出たとたん、
後ろから父にいきなり蹴り倒されました。
倒れてからも数発蹴りをいれられました、背中とか脇腹とか頭とか。
恐怖と痛みで泣き叫んでいましたが、
子犬を潰されては大変とお腹の下に隠して、両手で必死にかばいました。
道の真ん中だったので多数近所の人に目撃されていた模様です。

まん丸くなって蹴りを防いでいたら、ようやく父がどこかに行ったので、
私は立ち上がって泣きながら友達の家に向かいました、ワンコは無事でした。
しばらくして母が追いついて友達に一緒に返しにいきました、窓から見ていたようです。
今からしたら止めてくれても…とは思いますが
母も相当殴られたりしていましので、仕方なかったようです。
父はその次の年には自分でどこからか、犬をもらってきていました。

機嫌のいいときにしか可愛がらず、
犬にもときどき当たるような人なので犬は私に一番なついていました。
あれから30年、父はまだ生きています、死ぬのを6歳の時から待っています。


あんた!ここは車通ったらあかんの知らんのかー!!

     icon2012年06月17日 22:28      
376名無しさん@HOME2005/09/23(金) 14:32:11

最近あった修羅場を一つ。
停車してたところへ最近買ったばかりの車にいきなり自転車が衝突。
謝られるかと思いきや、
「あんた!ここは車通ったらあかんの知らんのかー!!」とものすごい剣幕のおばあちゃん。
通ったらダメなところじゃないし
前も同じように理不尽にこのばばあにからまれた事があったので
車から降りてぶつかってきたことの謝罪を要求したわたし。
すると謝るどころか警察にわたしが違反していたとあとから電話でチクルと言い出した。

違反じゃねーよっとブチギレたわたしは
「今から警察呼んだらいいやん!
  こっち停車してんのにぶつかってきたあんたの方が悪いんやで!」と言った。
するとばばあは
「そんなん呼ばんでえー!
  あとで電話してわたしがチクッたらええ話しや!」と意味不明な事言い出した。

そこから口喧嘩が始まり逃げようとするのでカゴを持って制止してたが
わずかな隙をついて逃げられたorz
捨てゼリフにばばあが「あんたもええ年こいて変なこといいなや!」と。

こっちのセリフじゃくそばばぁぁぁぁ!


お向かいの奥さんが血まみれで我が家に逃げ込んできた・・・。

     icon2012年06月17日 15:02      
323名無しさん@HOME2005/09/09(金) 16:30:34

お向かいの奥さんが酔っ払った旦那に一升瓶で頭を殴られ、
酒まみれ&血まみれで我が家に逃げ込んできた・・・。
お向かいさんの家の中、ブルトーザーでも入ったのか??と思うくらい崩壊。
子供はお隣さんが匿った。
興奮?している奥さんが怖かったし、
酔っ払った旦那さんが我が家に来たらと怖かった。
その後の修羅場から結末ですごかった・・・。


あんたがそんなだから、付けこまれんだよっ!ケッ!

     icon2012年06月16日 22:56      
263名無しさん@HOME2005/09/05(月) 10:50:47

精神的修羅場体験をば・・・。長文スマソ。

バツイチの20歳年上のオッサンと
内縁関係だったわけですが・・・。私もバツイチで子連れでした。
まぁ、年齢差はあるけれどそれなりに幸せでした。
 
旦那には別れた嫁との間に三人の子がいて、
三人とも前妻が引き取っておりました。
長女20歳、長男18歳、次男12歳くらいだったと思います。
入籍しなかったのは、この三人の子供達に対する遠慮?みたいなものがあって
お互いの子供達が成人してからでも、のんびりと・・・などと思っておりました。

お正月や、義父の誕生日等のイベント時には旦那の実家に子供たちは出入りするのですが
離婚したとて、父、祖父母なのは変わりないのでどんどんおいで~などと思っておりました。
ところが、いざフタを開けるとどうもこの子供達。様子が変。
年が年なので長男とは一回も会った事が無いのですが、まだまだ幼いはずの次男。
うちの弟と同い年なのですが、一言で言うと「かわいくない」。

純真だった彼が豹変した

     icon2012年06月16日 18:00      
242名無しさん@HOME2005/08/31(水) 21:16:16

長いです。自分が吐き出したいだけだから、うっとうしい人は飛ばしてください。

まだストーカーなんて言葉がなかった頃の話。
高3の時の彼とは手もつなげない様な超プラトニックなつきあいだった。
その分、お互い純真な気持ちでつきあっていた(と、思う。思いたい)両方の親も公認だった。

私は絶望と思われていた第1志望の大学に奇跡的に合格し、
彼は合格確実のはずの大学に不合格となり浪人することになった。
私達は変わらず付き合い続け、
彼の勉強の邪魔にならない程度に会うことにしていた。
が、彼は少しずつ受験のプレッシャーを感じはじめ、
私は降って湧いた憧れのキャンパスライフに浮かれ始めていた。
ちょっとお化粧をしてみたり、初めてのバイトで新しい洋服を買うのが楽しくなっていた。
 
お約束のように彼の束縛が段々厳しくなってきた。
「俺と会う時以外は化粧はするな」
「俺と会う時以外はスカートをはくな」「バイトは夜はするな」。
その頃、私達は初めてキスをしたのだが、彼は盛りがついたようになってしまい、
会う度、誰もいない場所を探し回るようになった。
人気のない公園や人の来ないマンションの非常階段などを探し歩いては
ひたすらキスをしたり胸をさわってくる様になった。

始めは彼の愛情(?)を嬉しくも思っていたが、
段々束縛とギラギラ感に押しつぶされそうになっていった。
そのうち彼は「ホテルに行きたい」ばかりを言うようになった。

浪人中の彼にはお金がないのでデート代はいつも私のバイト代。
自分のバイト代でそんな所
に行きたくないし、
(ラブホテルをとても陰気で薄汚い所だと当時思っていたので)
彼の必死さが恐くなっていた。愛情も薄れていくのに初めてのHをする気にはなれない。

が、今、別れ話をすると彼が逆上しそうだし、
それが原因で受験が失敗したと言われるのが恐くてなんとか
ごまかしながら、「勉強の邪魔になるから」
「急にバイトがはいった」と会うのを避けるようにしていた。


あけろー、いるのはわかってるんだ、顔を見せろー

     icon2012年06月16日 16:00      
138名無しさん@HOME2005/06/29(水) 01:29:58

ちょうど二十うん年前の今頃、
私が遭遇した最大の修羅場がありました。

うちは母子家庭で、母は留守がち、
かぎっこの私は留守番慣れしていました。
その日も夜10時すぎくらいまでひとりでいて、
そろそろお風呂にしようかなーと思っていたところ、
ばたばたっと外廊下を走る音、
ドアノブに鍵を差し込む音がしたかと思うと母が帰宅し、
あわてるように鍵をかけてドアチェーンをおろしました。


  まとめサイト更新情報

掲示板
スポンサードリンク
月別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
お問い合わせ
お問い合わせ
スポンサードリンク
アクセスランキング
スポンサードリンク
ワロタあんてな
ぶろにゅー
子育てちゃんねる
キチママまとめ保管庫
哲学ニュースnwk
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ