鬼嫁ちゃんねる

鬼嫁ちゃんねるは2ちゃんねるなどから家庭・生活の話題をまとめています。



修羅場・衝撃

私の不倫が原因で相手の奥さんが自サツした。子どもを妊娠中だった

     icon2017年01月31日 00:45      iconComment( 228 )      
820名無しさん@おーぷん 2017/01/30(月)13:38:18 ID:HKD
誰にも言えないから、吐き出したい。

当時22歳、会社のそばの行きつけの定食屋で私とは別の会社で働く23歳のA男と知り合った。
その定食屋は昼休みの時間は相席も多くて、知らないおじさんやOLさんと相席で、その場のおしゃべりも楽しんだりする感じ。
A男とは何度か相席して話すうちに仲良くなり、二年ほど友達関係を続けて付き合い始めた。
付き合い出したのは私が24歳。

それから一年半ほど付き合ったんだけど、A男、24歳の時に結婚していたことが判明。
A男年表でいくと、23歳私と知り合う、24歳結婚する、25歳私と付き合い出す、26歳そのことが奥さんにばれる、27歳私にばれる。
そのことを私に教えてくれたのは、奥さん。
内容証明?が自宅と実家に届き、実家の親はカンカン、同居していた祖母は倒れたらしい。
不倫してるなんて!と親にキレられたんだけど、意味不明すぎてパニック。
A男に電話をするも、つながらず、奥さんが出た。
全く知らなかった、すぐに別れると言うも、信じてもらえない。
奥さんからしたら当たり前だけど。
親からも滅茶苦茶責められ、だから都会で独り暮らしなんてさせたくなかったみたいなことも言われ、会社をやめて連れ戻されそうにもなった。

12歳のとき、教師に「入学してきたときから好きだった」と告白されて、ベッドに連れて行かれた

     icon2017年01月29日 22:11      iconComment( 162 )      
494可愛い奥様 2017/01/28(土) 11:39:48.19 0
中学生の時に先生と付き合ってて、ほぼ全ての行為をまだ12歳だった内に
経験した事と、その時は純愛だと信じてて最近までそう思いこもうとしてたこと。
でも娘が今年あの時の私と同じ12歳になるから、ようやくあれは純愛なんかじゃ
なくて、私は先生にもてあそばれてただけだったと認められるようになってきた。

マンションの3つ隣のお宅が火事なって、出勤前に気が付いた夫と一緒に消火活動を行った

     icon2017年01月27日 11:04      iconComment( 91 )      
5321/2 2017/01/23(月) 13:18:22.84 0
豚切り。


先週日曜日の早朝、住んでいるマンションの3つ隣のお宅が火事になりまして、
隣人と出勤前に気が付いた夫とともに初期消火活動を行いました。
消火器を使ったり、バケツや洗面器の水で、なんとか事なきを得ました。

仕事に行こうとする夫が、火元の部屋のダクトから黒煙が出ているのに気が付いて、
夫が火元の部屋のドアをたたくも、無反応で(住人は気づかず寝ていたそうです)、
「これもう亡くなってる!?逃げなきゃ」と思い、
バッグや通帳などを取って逃げようとしたのですが、体がすくんで動かない。
その間に、夫が火元のドアを蹴破って消火活動をしようとしている姿を見て、ハッ…と我に返りました。
夫に「おいバケツ!!消火器も!!」と怒鳴られて、ようやく金縛りが解けたように動けるようになりました。

それからは必死でした。服や靴が濡れるのも忘れて、水を汲んで、騒音に気が付いた隣人さんと夫が消火器を使用して、
夫の指示で隣人さんが消防に通報して、火元の住人さんから燃えているのが布団と言われて間一髪だったことに気が付きました。
以前、テレビで、布団は燃えるとなかなか消えない、消えたと思っても火種が残っている場合が多い、と言ってたことを思い出して、ぞっとしました。

鎮火後に、消防と警察が到着して、現場検証や事情聴取など。
別の人に同じことを何度も聞かれました。
これは証言が一致するか、差異が無いか、調べていたんですね。

事情聴取中、消防士さんから言われたのは、夫の指示が冷静で的確だったこと。
適切な対応をしたから延焼しなかったこと。
本当に素晴らしい対応でした、ということでした。

なんというか、ダクトからのぼる黒煙を見て、まっさきに逃げなきゃと思った私と、冷静な判断で大火災を防いだ夫。
自分がどれだけ薄情な人間か、思い知らされた気がする、そんな日曜日でした。

妊娠中レジに並んでたら巨大な男の子が「学級閉鎖ラッキー学級閉鎖ラッキー」と言いながら飛び跳ねてた

     icon2017年01月25日 15:38      iconComment( 129 )      
164名無しさん@おーぷん 2017/01/24(火)12:47:54 ID:0Jy
今妊娠してて、マタニティマークも見える箇所につけてた
買い物していて時間帯がわるいのか、お客さんが沢山いた
レジも長蛇の列で私はカートを押して並んでた
前は小学生の巨大な息子を連れた母子
男の子は「学級閉鎖ラッキー学級閉鎖ラッキー」と言いながら跳ねてた
親はスマホポチポチして無視
男の子、150近くあるから高学年だと思うんだけど、ずっと落ち着きがなかった
多動障害でもあるのかな?それなら母親も大変だよねと思い、私は距離を置いて並んでた
レジの列が進んで母子がレジ打の番になったんだけど、男の子が「あ!俺お菓子買うの忘れた!」と言って列を抜けようとする
母親がそれを聞いて初めて反応
「余計なのいらないからね!」って手を伸ばして止めようとし、男の子は「捕まらないもんねー」と言って後ろに飛び退いた
ここで距離をおいて立っていたのがアダになった

母と姉が取り合った男が私の担任だった

     icon2017年01月25日 00:52      iconComment( 37 )      
737名無しさん@おーぷん 2017/01/24(火)04:41:48 ID:2UB
修羅場っていうか、母と姉が取り合った男が私の担任だった。
昔のことなんだけど諸事情あって悩んでいるので投下しに来た。

長文でグダグダ、なおかつ文才ナイナイだが、お付き合いいただけたら幸い。
気が向いたら助言などいただけると助かります。
母親はデキ婚を狙って失敗するたびに種違いの子供を産んだ人物。
私たちは結婚歴のない母が産んだ種違いの三姉妹。私は次女。

母はとにかく恋多き女性で、結婚願望が強いくせに男を見る眼がまったくなく、連れてくる男はヒモ男や妻帯者ばかりだった。
狭いワンルームのアパートで暮らしていたから、玄関を開けたら見知らぬ男性と母がアンアンしている光景に出くわした回数は覚えてもいない。
そんな母を見て育ったせいか、私の価値観は小学校の半ばには冷めていた。
私とは反対にヒステリックになっていったのが姉。
罵り合う母と姉を見るたびに「またやってるよ」と呆れ、極力関わらないようにしていた。
今思うと感情的になっていた姉のほうがよほど人間味があったと思う。
このころはまだ妹は生まれていなかった。
成長するにつれて姉は反発していた母に内面が似てきて、中学に入るころには援○に手を染めるようになっていた。
母と姉が頻繁に起こす恋愛トラブルをいかに実害を受けずに躱すかが当時の私の悩みといえば悩みだった。
何せ二人ともご近所中から汚い女と後ろ指をさされていたから。
姉妹仲はそれほど悪くはなかった。
毎日の家事を姉妹で分担してやっていたし、ヒステリーと恋愛体質だってことを除けばいい姉だったと思う。
典型的喪女になりつつあった私が心配だったのか、姉はよく私に服を買ってくれた。学校でも孤立しているのではと心配し、あれこれ悩みがあるのなら聞くよ?と言ってくれもした。
ただ、当時の私は姉が買ってくれた服に袖を通すことはなかった。
姉が何をして洋服代を手に入れたのかわかっていたから。
今にして思えばトラブル回避ばかり考えていないで姉を諫めればよかったと思う。

前振りが長くなってごめん。


妹が婚約者との縁談を断って、2年間意識不明の私を介護してた

     icon2017年01月24日 21:44      iconComment( 207 )      
546名無しさん@HOME 2017/01/24(火) 01:40:25.97 0
25歳の頃、繁華顔を普通に歩いていて転んだ
「アイタタ」と思って目を開けたら病院のベッドで寝ていた
気づいたら身体が動かないし声も出ない
私はパニクってしまったが、どこかで「転んで気絶して病院」と思ってはいた
看護師がきて「あ!」と一言だけ言って部屋を駆け足で去っていった
5分もしないうちに医者や他の看護師も3人ほど駆けつけてきた
医者の話だと私は2年意識がなく遷延性意識障害と診断され
この病院に移されたそうです。そこは私が住むところから車で5時間かかるところでした

私は転んで後頭部を打ち気絶
脳内出血で手術をしたが意識戻らず
3ヶ月目で遷延性意識障害と診断され親戚(両親は鬼籍)に延命処置か安楽死か選択したら
みんなが諦めて安楽死を選択したら妹だけが猛反対し延命処置になった
これを聞いた時が自分の中の修羅場だった

新郎「妻が式場に来たんですか?」 私「今週の水曜日にきましたよ」 新郎「妻はずっと入院しているのですが・・・」 私「え?」

     icon2017年01月24日 19:09      iconComment( 45 )      
804名無しさん@おーぷん 2017/01/23(月)06:06:11 ID:YgO
式場勤務のときに経験した強烈な話

色々フェイク入れるけど、新婦:55歳、新郎:25歳、って感じの年の差夫婦
新郎さんは仕事が忙しくてほとんど打ち合わせに来なかったけど真面目な印象の人
新婦は小奇麗な人で、40代って言っても通るような見た目
「恥ずかしながらこの年で年下の夫と入籍し、年齢的にも式は挙げないつもりだったのだけど
夫が初婚で親戚からの要請があったもので」と控えめに言ってくるような女性だった

新婦単独でドレス選びをやった数日後、新郎の採寸もやったんだけど、電車が遅延して新婦が遅刻した
新郎と新婦が諸事情で別々のところに暮らしていて、式場までの交通手段が別っていうのは
珍しいことじゃなかったから気にも留めなかった
本来なら新婦の到着を待つところなんだけど、その日は予約がたくさん入ってたから
新郎の許可をもらって採寸を始めた
新郎がどんなタキシードがいいかなと言うので
「先日奥様がお選びになったドレスをご覧になって参考になさいますか?」
と声をかけたところ、「なんのこと?」と怪訝顔に

新郎「妻が来たんですか?」
私「今週の水曜日にお見えになりましたよ」
新郎「妻はずっと入院していて来週退院なのですが・・・」

お互い無言になった後、えええええとパニックにw
詐欺か何か犯罪じゃないかということでお互いに情報を出し合ってみたところ
「新婦」が「新郎実母」だということが判明
もう本当にびっくりしたよー・・・

娘が2歳のとき、街中で暴漢に襲われた

     icon2017年01月24日 01:03      iconComment( 82 )      
684名無しさん@おーぷん 2017/01/16(月)19:38:04 ID:6eZ
娘が2歳のとき、街中で暴漢に襲われたことがある
相手は知的な障害のある人だったんだけど、ふいに何かがスイッチになってパニックになったらしくて
周りにたくさん人がいる中で、私の娘を標的に定めて襲ってきた
とっさに娘を抱え込んで亀みたいな体勢になるのが精一杯だった
結果的に私は肋骨と骨盤を骨折して内臓が一部破裂したけど、娘は服が汚れただけで済んだ
精神的な傷が怖くてずっと経過を観察してきたけど、特に記憶にも残らなかったみたいで
トラウマめいたこともなく、無事に成人してくれた

それから20数年たって、娘が嫁いでいくことになった
結婚前にお婿さんがうちに来て、お酒を飲みながら皆で娘の小さい頃の話なんかしてたんだけど
娘が「小さい頃、お母さんに襲われたことがあったよね」って言い出してええってなった
話を整理すると、
・デパートの前で大きなぬいぐるみを見てたらいきなりお母さんが抱きついてきた
・苦しくて離してって叫んでたのに離してくれなくてすごく怖かった
・お母さんの顔がすごく険しくて、かっと見開いた目が怖かった
娘の見た光景は、確かに暴漢に襲われたときのものと一致してた

これまで娘の傷を刺激してはいけないと思って当時のことは話したことがなかったんだけど
まさかそういうふうに記憶していたとはorz
真相を話したら驚いてたよw
そのあと披露宴で、母への手紙でその話に触れて
「私に子供ができたら、きっとお母さんみたいに命がけで子供を守れるような母親になります」
って言ってくれて泣けたw

すごく痛い思いをしたけど、今じゃ笑い話にできてよかった

嫁の葬儀に嫁の愛人が来て、「最後にキスさせてください。」って言ってきた その2

     icon2017年01月23日 00:01      iconComment( 204 )      
嫁の葬儀に愛人がキスしに来たって書いた者です。

詳しく書くとめちゃくちゃ長くなるからはしょりまくったけど分かり辛くなったみたいでごめん。

kwskされてないけどkwskしとく。
当時、俺、嫁 40代前半 中学の子供2人。
義妹 旦那 30代前半 幼稚園児の子供1人。

嫁が死んだのは脳梗塞。元々偏頭痛持ちではあったが前の晩も晩酌したりしてそれ以前の前兆らしきものはまったく気付かなかったから本当に突然死状態。
一応警察も来て色々調べられた。

それから通夜。嫁は身内がほとんどいなかったから俺の家族や身内が中心となってやった。
次の日に葬儀。通夜の日、義妹は泣きじゃくったり呆然としたり、まともに食事も睡眠も取れず旦那に支えられてやっと立ち上がれる感じだったけど葬儀が始まる少し前に葬儀場の駐車場で喪服を着た知らない男と揉めてるように見えた。

あんなに憔悴しきってたのに何か急に普通に動いてたからなんかただ事じゃないなと思って近づいたら「お義兄さんはお姉ちゃんとこ行ってて!この人はもう帰るから!」と言われた。

俺が「どちら様ですか?」と聞いたら男は「俺は嫁の彼氏です」と言ったので嫁を忘れられない元カレがおかしくなって来てしまったのか、もしかしてストーカーか?と思って
「今日はお引き取りください」と言ったら男は義妹に「俺が彼氏だって証明して」と言った。
その時に先月嫁と義妹宅に泊まりに行ったこと、この男の口利きで車を買ったこと、どちらかが死んだら最後に残った方がキスしに行く約束をしてたことを男に聞かされた。

確かに嫁は先月、隣県の義妹の家に遊びに行くと言って一泊してきたし最近車を買ったばかりだった。
義妹はそれには答えずお願いだから帰って!お願いだから!と言っていた。
その時、葬儀が始まる時間で俺の親父が駐車場に俺を呼びに来た。その時義妹の子供がうちの親父と一緒に駐車場に付いて来てて「あー!愛人くーん!」と手を振っていた。なんとなく事実を悟って俺は会場に戻った。
男は義妹が帰したみたいだった。
うちの子供はその時、式場にいたので何も知らない。
ちなみに未だに何も知らない。

海外旅行のお土産を夫の会社に持って行ったら、自称社長夫人の女に盗まれかけた

     icon2017年01月22日 21:49      iconComment( 80 )      
507名無しさん@HOME 2012/10/25(木) 10:47:28.32 0
流れ読まずに投下します。
先週、海外旅行行ってきた。
そのとき義兄嫁+姪(義兄の子)×3から
ブランドバックやらアクセサリーやらを大量に頼まれてた。

義兄の家はちょっと離れてるから行くことも少ないんだけど
ちょうど義兄が仕事で主人の会社に立ち寄ることになってたんで
主人の会社に行って義兄にお土産を渡すことになった。

なにしろお土産の袋の数が半端じゃないので
会社の正門前で車から降りるのにモタモタしてたら
40ぐらいの女の人が近づいてきて
「あら?どうしたのその荷物?」と聞かれた。

私が「この会社に来てる人に渡そうと思って」と答えたら
「あら?そうなの?じゃあ私が渡しておくわ」と
強引にザバッと袋持って立ち去ろうとした。

慌てて服掴んで止めたら
「失礼ね!
私はこの会社の社長夫人よ!
私が届けてあげるって言ってるのよ!」
と怒鳴られた。

  まとめサイト更新情報

掲示板

スポンサードリンク
記事検索
QRコード
QRコード
お問い合わせ
お問い合わせ
スポンサードリンク
アクセスランキング
スポンサードリンク
ワロタあんてな
ぶろにゅー
子育てちゃんねる
キチママまとめ保管庫
哲学ニュースnwk
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ