鬼嫁ちゃんねる

鬼嫁ちゃんねるは2ちゃんねるなどから家庭・生活の話題を紹介しています。



修羅場・衝撃体験

母の再婚相手は兄を轢き×した相手。フラフラと路上を歩いていた所を後に母の再婚相手になる男に撥ねられた

     icon2020年12月30日 10:25      
630名無しさん@おーぷん 20/12/20(日)07:04:09 ID:oF.uw.L1
母達の人生を理解出来ないししたくない。

母の再婚相手は兄を轢き×した相手。轢き×したと言っても兄は受験失敗で不本意ながら進学した先でも
孤立していじめられ引きこもり、両親からも「失敗作」「期待外れ」だの責められて将来を絶望し
半ば自死の様な形でフラフラと路上を歩いていた所を後に母の再婚相手になる男に撥ねられた。

遺書めいたものも見つかり兄の死は自死だろうとして処理されたらしいのだが、
母は兄に失望し責めていたにも関わらず
死なれた途端にショックを受けたのか一気に塞ぎ込み家事を放棄する様になった。
かと思えば鬼の様な形相で父を口撃したり私に八つ当たりする様になり、
程なくして父は家に帰って来なくなった。
どんな形であれ人を×してしまったからと再婚相手は毎月慰謝料を支払いに来る様になったが母は再婚相手をも責め続けた。
でも当時は自死であるという真相を知らなかった私も再婚相手になる人を一緒になって責め立てたり、飯や小金をたかっていたのだから同罪だ。

関係が破綻した父と離婚し、兄の死から時間も経ってようやく落ち着いてきたと言った母は、いけしゃあしゃあと再婚相手に謝罪し
何故か再婚相手もやっと罪の清算が報われたという様子で受け入れ、父との離婚から2年後に母と再婚相手は再婚した。
母と再婚相手は一回り近く離れており再婚相手の方が歳下。
再婚は離婚で生活が困窮した私達の面倒を見る為の贖罪でもあったと思っている。
母は兄の死亡後は精神的にも不安定でロクに働こうともせず、父からの婚費や養育費で細々と暮らしていた。

再婚相手は良い人だったけど、結局私は最後まで心では新しい家族だと受け入れる事が出来なかった。
恐らく母も同様だろう。母と再婚相手との間に子供は出来なかった。母はまだ未来のあった再婚相手の将来をも閉ざしてしまった。

他人を巻き込んで勝手に死んだ兄も理解出来ないし、
そんな兄を疎んでいた癖に死んだ途端「あの子の存在の大切さが理解出来たから」
などという様子で勝手に悲しみ家庭を放棄した挙げ句、
兄を死なせた再婚相手に依存し人生までも狂わせた母も理解出来ない。
家庭を放棄した母から逃げて離婚した後すぐに再婚して新しい家庭を作り、
今では連絡も取れない父も理解出来ない。
そんな両親から産まれ、当時小学生とは言え家に引きこもりアニメ・漫画に逃避していた兄を気持ち悪い存在だと蔑む様になり
結果的に兄の自死の原因の一つにもなった自分自身も理解出来ない。

きっと私は幸せな家庭を作れないし、その権利も無いと思う。
再婚相手だけでなく、その両親や将来作れる筈だった幸せな家庭をも壊してしまった。
せめてもの贖罪として再婚相手には迷惑をかけぬ様にひっそりと生きていく。

転勤してすぐのころ、隣の部署の先輩から飲みに行こうと誘われた

     icon2020年12月29日 22:06      
20名無しさん@おーぷん 20/12/24(木)10:07:36 ID:um.ov.L1
転勤して、そこの先輩と飲みに行って衝撃だったこと
転勤してすぐのころ、隣の部署の先輩から飲みに行こうと誘われた(仲のいい同期の先輩だったため、2回くらい同期も一緒にランチした程度)
そこで同期と先輩と3人で飲みに行ったんだけど、場所は目星ついてるからと言われて先輩にお任せにした
そしたらまさか一軒目酒○に連れて行かれるとは思わなかったよ
決して激安居酒屋をけなしているわけではなくて、仲のいい友人だったら行ったりもするし、大学生や社会人なりたてならわかるよ
でも、3人とももう30過ぎなんですよ
確かに安くて手軽だけど、もう少し落ち着いて話せる居酒屋がよかったなあー

あと、先輩が一番お酒飲んでて、おつまみも一番食べてた
まあそれはある程度いいんだけど、おつまみって普通自分の取り皿で取ってから食べるよね?
なんか先輩はそのまま食べてて、同期や私が取ろうとしても食べるのやめないから、すごく食べづらかった
先輩が8割くらい食べてたし

長くなってもう最後は愚痴だけど、梅サワー飲み終わった後に梅干しの種取り出してしゃぶってんじゃないよ!取り皿は種置きじゃないよ!
それだけ飲み食いされて3人で会計割られたからもう不満しかなかった

あんなに卑しい人はじめてで、ほんと衝撃だった

ある朝突然夫が逮捕された。性犯罪の容疑をかけられ夫は最後まで否認し続けていた

     icon2020年12月28日 12:33      
689名無しさん@おーぷん 20/12/24(木)02:39:05 ID:BJ.rq.L1
この時期になると思い出す。
ある朝突然夫が逮捕された。性犯罪の容疑だと言われた。夫は最後まで否認し続けていた。

犯罪が起こったとされる日、私達は共通の友人に招待され友人宅でささやかなお祝いをしていた。
犯行現場とされる場所は友人宅から車で行く様な距離だし私達も基本ずっと一緒にいた。
私達は友人宅に電車で赴き車も友人所有で鍵はずっと持っていた。
買い出しに近くのコンビニに行ったので防犯カメラの映像もあった。
ちゃんと証言もしたしすぐに間違いだと釈放されると思っていた。

被害者とされる女性は夫の会社近くの店で働いていた人だった。
その時に被害者をターゲットにした、と言われたが、夫は
「面識はあるかも知れないが店員の顔なんて一々覚えて無いし、誰かも分からない興味も無い」
と主張した。これは事実だと思った。

おせち料理つくって正月のお菓子やお酒発注してというあれこれは、「跡取りの嫁」である母一人でやっていた

     icon2020年12月27日 13:34      
2327517


22
名無しさん@おーぷん 20/12/26(土)03:15:21 ID:Zq.sm.L1
昔、父の実家が本家で、祖父が当主で、正月には年末から親戚が20人くらいどっと泊まりに来て
元旦にはみんな盛装して当主からお屠蘇の盃をいただくってのをやってた
親戚は三が日泊まって夜昼なく宴会
その間の、おせち料理つくって正月用の食器出して、布団の用意して客間の掃除して
出入りの業者さんに正月のお菓子やお酒発注して、というあれこれは
「跡取りの嫁」である母一人でやっていた
親戚の女衆も手伝ってくれるけど仕切りは母だから
四日になってみんな帰ると寝込むレベルに疲れていた
なのに六日七日まで居座る親戚もいて
つき合って遊んでる祖父や父に、サツイさえわいた
ちなみに「当主の嫁」である祖母は体が弱く、私が物心ついた頃には寝たり起きたりの生活だった
祖母の世話は母がやっていた
だから正月は祖母+親戚の世話で疲れるんだ
私は私で、親戚が連れてくるガキどもの子守に追い回されていた
大みそかの夜に夜泣きする赤ん坊をおんぶして、除夜の鐘をきいたことは忘れられない

ところが私が中学2年の時、父は「本当に好きな人と家族になって新年を迎えたい」ということで
母と私は12月に入ったところで追い出された
父は不倫してて、相手が妊娠したのだ
もちろん慰謝料も養育費ももらったけど
私は、なんで父の家にこんなに尽くしていた母がこんな目に遭うんだとはらわたが煮えくり返った
でも母はあっけらかんと「(自分の実家に)帰ってもいろいろ面倒だから、この際、東京に出ちゃおうよ」
私びっくり「大丈夫!?」(田舎の中学生には、東京は外国レベル)
母「大丈夫大丈夫」(今考えると、大丈夫という根拠はなかったと思う)と、二人で東京に出てきた

キックボクシングをやっていた新人に「試しに俺の尻を蹴ってみてよ」と言ってしまった

     icon2020年12月25日 14:30      
654名無しさん@おーぷん 20/12/23(水)02:41:07 ID:6x.hc.L1
年末のココ○コ田中の苦労がわかった気がしたお話、文章力とか語彙力が無いのは勘弁してくれ

数年前、俺の職場に新人が入ったんだが、身長低くて顔はのび太くんなのに身体は体脂肪?何それ美味しいの?って感じのがっしり細マッチョ
特に脚はムキムキで、何かスポーツやってたんだろうなというのは一目で直ぐにわかった

新人君がきて半年たったある日、俺・新人君・同僚数名で休憩中に話の流れで新人君がキックボクシングをやっていたことが判明
同僚が「だから足の筋肉半端ないんだなww」「でも蹴られたからって田中みたいに吹き飛ぶのは大袈裟なんでしょww」みたいな感じでからかっていた
何か知らんがテンションが上がってた俺は、よせばいいのに新人君に「試しに俺の尻を蹴ってみてよwww」と言ってしまった
新人君も最初は嫌がっていたが、俺らがあまりにもしつこいので「どうなっても知りませんよ…」と渋々といった感じで俺の尻にキックをかました

正直、蹴られた時は痛いのは痛かったが耐えられない痛みじゃなかったし、数歩歩いただけだったから「やっぱりアレはバラエティーだからなぁw」って感じで終わったんだが、地獄は終業後に訪れた
まず帰りの電車で痛くて座ってられない、振動がに容赦なく俺の尻に追い討ちをかけてくる
風呂に入るのもつらい、屈むと尾てい骨からすごい痛みが襲ってくる
極めつけは寝る時に仰向けに寝られない、というか痛すぎて寝られず翌日は体調不良って事で休んだが、痛すぎてトイレにいくのも一苦労だった

結局俺が何とか日常生活を遅れるようになったのは更に2日後、出社してこの話をしたら新人君には「だから言ったじゃないですか…」って憐れみの目を向けられ、同僚達からは話盛り過ぎと笑われ、上司から「お前馬鹿じゃねぇの?」と説教されて終わった

660名無しさん@おーぷん 20/12/23(水)08:37:31 ID:xU.dl.L1
>>654
むしろ大げさなぐらい吹っ飛んだがダメージ少なくて済むんだろうねw

661名無しさん@おーぷん 20/12/23(水)08:38:13 ID:xU.dl.L1
↑「吹っ飛んだ方が」でヨロ

かつての同僚Aさん(女性)から会社のメアドに長文メールが届いた。メールの内容は「Bと離婚します」

     icon2020年12月22日 00:25      
953名無しさん@おーぷん 20/12/16(水)11:48:45 ID:ai.zi.L1
かつての同僚Aさん(女性)から会社のメアドに長文メールが届いた。
Aさんは同じ会社のBさんと結婚し、数年前に寿退社した。
式と披露宴に私は招待されなかったし、されないのが当然くらいの遠い間柄。
メールの内容は「Bと離婚します」
なんで親しくもない私にこんなメールを?と思いつつ休憩時間に一応読んだ。
要約は以下。

あなたからBを奪い、略奪に酔いしれて結婚したもののすぐうまくいかなくなった。
ずっと離婚すべきか悩みながら、「でもこんな生活でも私さんより不幸じゃない」と自分に言い聞かせてがんばってきた。
あなたが二年前結婚したと聞き、Bをあきらめて好きでもない男と結婚したあなたの惨めさに
「私より下がいるんだ。もっとがんばろう」と思えたが限界が来た。
我慢しすぎて病気にまでなった。きっとあなたを見下していた私にバチがあたったんでしょうね。

要約以上。
とりあえずBさんは私の元カレではない。一秒たりと付きあったことはない。
というかABが結婚した時、私はすでに今の夫と付きあっていた。
誰かと間違ってるんじゃ?と思い何度か宛名を確認したけど、文中に出てくる名前は私の名だしメアドも私のもの。
誰か私と一字違いの社員でもいるのかと思い、総務にそれとなく聞いたがいないと言う。
全部Aさんの妄想なのか、ずっと勘違いされていたのか、人間違いなのか謎。
深入りしたくなくて返事はせずスルー。
でも何か問題あった時のために一応メールは保存しといた。
しかし私がもし本当にBさんと付きあっていて、略奪されて
数年後にこんなメールが来たら呆れるどころの騒ぎじゃないと思う。
Aさん性格悪すぎ。

954名無しさん@おーぷん 20/12/16(水)11:59:35 ID:th.ay.L3
>>953
>Aさん性格悪すぎ。

まったくだw
勝手に自滅してくれてよかったっちゃよかったけど
真実を知ったら発狂しそうだし、触ったらいけないんだろうな

955名無しさん@おーぷん 20/12/16(水)12:58:06 ID:cv.2v.L9
まさに触るな危険

先頭車両に一人で座って窓の外を見ていた若い女性がいたのを今でも鮮明に覚えている

     icon2020年12月20日 14:17      


466
sage 20/12/20(日)02:30:18 ID:HJ.np.L1
今から15年前の12月25日、
通っていた大学のある埼玉から実家の秋田に向かって帰省していた。
新幹線代が勿体ないことや昔からの鉄道好きもあって、青春18きっぷを使って、
早朝、大宮から東北本線を北上。
雲ひとつない冬晴れの関東平野や安達太良山を見ながら福島から板谷峠を越えた。
米沢を過ぎる頃までは天候はよかったように記憶しているんだけど、
山形を過ぎた頃から北国独特の鉛色の空が広がってきた。

日も暮れてきた16時頃、新庄から最上川沿いに陸羽西線で酒田へ。
庄内平野に入った頃、どこかの駅のそばで列車のすぐ脇に雷が落ちた。
暗闇に包まれていた車窓が一瞬真っ白くなった。
この辺りから朝方から天候が穏やかなところを走ってきただけあってか、
ずいぶん風が強いなと感じ始めた。

特に遅れた記憶もなく17時ころ酒田に到着し、秋田行きに乗り換えた。
しばらく走って海沿いに出たとき、猛烈な風が進行方向左側、つまり日本海から吹き付けてきた。
いつになくガタガタと強く揺れるドアと乗っていても感じる風の圧力で
本当に電車がひっくり返るんじゃないかと気が気じゃなかった。

ただ、そんな強風の中でもほぼ遅れることなく、電車は仁賀保駅に到着。
ちょうど反対側のホームに特急列車が入ってきた。
もう少し手前ですれ違うはずだったよなー、1時間遅れくらいかなー、相変わらずガラガラだなー
と思いながら向こうの車内を見ていた。
先頭車に一人で座って窓の外を見ていた若い女性がいたのを今でも鮮明に覚えている。
その後、地元の駅に到着。
家でNHKを見ていて飛び込んできたいなほ14号脱線のニュースに背筋が凍った。

事故を報じる新聞に亡くなった方の写真が掲載されているのを見て、
仁賀保駅ですれ違ったときに見た人が含まれているような気がした。
15年経ってもどうか違っていてほしいと未だに思っている。

電車で通勤していると、やれJRは風吹けばすぐ止まるだのと聞こえてくる。
ただ、会社に遅刻しても帰宅が遅くなっても命に勝るものなし、
少しくらいやり過ぎてもどうかあんな事故が二度と起こらないでほしいと切に願っている。

同僚1人の退社で会社の上層部が大騒ぎになった。同僚は、やたらと別会社への出張をやらされてた

     icon2020年12月19日 00:39      
747名無しさん@おーぷん 20/12/11(金)12:05:14 ID:fr.ue.L1
同僚1人の退社で会社の上層部が大騒ぎになった話。

以前勤めてた会社の同僚Aが、やたらと別会社への出張(出向とか異動ではなく)をやらされてた。
Aがいたのは北海道にある事務所だったんだが、そこから九州の取引先の会社に「いつまでかわからないけど」で行かされて結局そこで1年、
帰ってきたと思ったらその1週間後に今度は関西の会社に無期限で行かされてそこで半年、
やっと帰ってきたら上から「またすぐに出てもらうから」なんてことがずっと続いてた。
出張先でAがやった仕事の報酬に加え、ホテル代などの滞在費や交通費も全部向こうの会社持ちでこちらにとっては旨味しかなく、
さらにAは出張先でかなり頑張ってたみたいで先方からの評価も高かったんだが、そのせいで逆にAにさらに出張が集中することになってた。
一方でAには申し訳程度の出張手当が出る程度でそんな金にはならなかったらしい。
A本人からも周囲の社員からも「いくらなんでも出張行かせ過ぎ」「他にも対応できる人を育てるべき」と何度も意見を上げていたけど、
上は「経験者だから」「先方のご指名だから」と取り合わなかった。
そんな時、Aに病気が発覚。
けっこうな重病だったので療養のために退職が決まり、仕事の引き継ぎと退社の準備をしていたAに、なんと上はさらに出張を命令してきた。
これにはさすがに「あり得ない」という声が上がったものの、上はいつも通り「経験者」「先方のご指名」を理由に押し通されてしまった。
結局Aは1ヶ月程の出張を終えて帰ってきたところでそのまま退職した。



掲示板
月別アーカイブ
記事検索
QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク
スポンサードリンク
ワロタあんてな
ぶろにゅー
子育てちゃんねる
キチママまとめ保管庫
哲学ニュースnwk
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ