鬼嫁ちゃんねる

鬼嫁ちゃんねるは2ちゃんねるなどから家庭・生活の話題を紹介しています。



義家族・親戚トラブル

嫁「お母さん!どこにいたの!お父さん死んだんだよ!!」 義母「お友達と一緒だったの」 嫁「は?」

     icon2015年06月20日 11:40      
34名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/06(土) 21:34:28.76 .net
俺のとこの嫁母の話。身バレが怖いので相当フェイクあり
話のつじつまが合わなかったらご容赦。納得できなければ釣り認定してくれ

嫁父・・・お人よし。ちょっとした障碍あり。鬼籍
嫁母・・・ろくでなしのクズ、というか地球上の生物とさえ思えない。宇宙人
嫁・・・子供のころから嫁母の毒気にやられ逆らえない。若干エネ嫁。洗脳解けつつあり。実はお父さんラブ
俺・・・俺。嫁母と絶縁中

嫁母。自己中。人のことを全く考えない。
自分の都合だけで動くことが、自分に素直に生きてるサバサバとした良いことだと思ってる。
物凄く外面がよく、周りからは良いお母さんね~、良いお婆ちゃんね~と言われる。
外面を保つために平気で身内を犠牲にする。
例えそれが生死に関わることでも

私「ヒジを付けて食べちゃダメだよ」 旦那「ごめん!」 姑「あら~嫁子は育ちの良いお嬢様なのね。ニヤニヤ」

     icon2015年06月17日 08:30      
498名無しさん@HOME 2015/06/15(月) 21:04:52.84 0.net
スレチだったらすいません。

私の旦那は食事のマナーをあまり躾されていかなかったみたい。
旦那がひと回り近く年上なのにいつも私が直していた。
例えばテーブルにヒジを付けて食べないとか、寄せ箸しちゃだめだとか。本当にしょうもないレベルのこと。
ある日義実家での食事会に呼ばれた時、ついいつものクセで「ヒジを付けて食べちゃダメだよ。」と旦那に言ってしまった。
旦那は「ごめん、ごめん。」と直して食事を再開した。
するとトメは「あら~嫁ちゃんは育ちの良いお嬢様なのね」と言ってニヤニヤしだした。

義妹が夜中にこっそり出て行くので尾行したら、近所の神社で丑の刻参りしてた。「ООタヒねー」って連呼しながら…

     icon2015年06月14日 10:30      
212名無しさん@HOME 2015/06/03(水) 14:45:50.81 0.net
相談スレに書くとネタ扱いされて、一蹴されそうなのであえてこのスレに書く。
正直な話こんな話読んでも私も実際体験していなかったらネタだとしか思えないから
ネタだという指摘は止めて。ネタだと思うならレスしてくれなくて良い。

私は夫実家で義家族と同居中。夫実家は2世帯住宅で一階部分に私たちが
二階部分に義両親と高校生の義妹が住んでいる。
義妹はちょっとギャル入ってて、喪女の私にはちょっと苦手なタイプだったので
一緒に住んでるのに殆ど会話が無かった。

それが2,3日前から義妹が夜中にこっそり出て行くんだよね。
でも30分もしないうちに帰ってくる。
30分なら非行かどうか微妙だし、夫は出張中だから
チクッたって言われるの嫌だし、義両親に言うかどうか迷ってて
ずっと悶々してたんだ。

それでもそもそも30分もしないうちにってここらは田舎で何も無いのに
何してるんだろう?って気になって、叩かれるかもしれないけれど
尾行してみた。内容によって義両親に報告するかどうか決めようと思って。

義母が急死して遺品を整理してたら、隣に住んでる奥さんが「処分するなら形見分けして」と義実家にやってきた

     icon2015年06月08日 08:30      
682名無しさん@おーぷん 2015/06/05(金)11:28:05 ID:fau
ひとり暮らしだった義母が昨年急死した。
その空き家になってた義実家(飛行機の距離)に
義兄嫁(以下お義姉さんと表記)と一緒に整理しにいった。
夫と義兄は仕事があるし、自分たちだと思い出に浸ってしまって進みそうにないから
おまえたちの判断で好きにしていいって言われて。
そうは言われても、あれこれ貰って帰っても私たちもそんなに広い家に住んでるわけでもないし
持って帰れる程度のものを家族の人数分いくつか選んで
あとは業者さんに買い取ってもらえるものは買い取ってもらって・・・って感じかなって
お義姉さんと話しながら向かった。

で、義実家に着いてお義姉さんと一緒にざっと一回りしていたら
隣に住んでる奥さん(50代ぐらい)がやってきた。
「窓が開いてたから誰か来てるのかと思って覗いてみたんだけど」と言って。
生前仲良くしてもらってたようだったから、とりあえずお礼を言って
「2~3日整理の為にバタバタしますけどすみません」って言ったら
「整理って、全部処分しちゃうの?だったら形見分け貰ってもいいかな」って言われて
ああ、それもいいかもと思ってOKした。

うちの嫁さんの兄貴がかなりヤバい段階に入ってる…

     icon2015年06月06日 12:40      
204名無しさん@HOME 2015/06/01(月) 11:42:58.95 0.net
うちの嫁さんの兄貴がかなりヤバい段階に入ってる…

・40代独身
・役者志望歴20年近く(という名のフリーター)
・しかしエキストラ+α程度の活動しか聞いた事がない
・職歴ほぼなし
・義両親に月1~2回程度仕送りを要求
(額面は不明)

別に独身であれ、役者志望であれ、フリーターであれ貶める気はない。
それだけの夢があり、追いかけられるのは羨ましくもある。
自分で生計が立てられるのならば、応援も出来るのだが…

義弟から切羽詰まった声で電話が。家に駆けつけたら、義弟嫁が「うーうー」と唸りながらベッドに横たわっていた (6/4追記)

     icon2015年06月04日 19:35      
追記までジャンプ 6/4

880名無しさん@HOME 2015/05/27(水) 15:04:01.60 0.net
義弟くんからやたら切羽詰まった声で電話があったので
義弟マンションに行ってみたら全身に包帯を巻き、黄色&赤っぽい液体(?)にまみれ、
皮膚がずるずるになった義弟嫁さんが
「うーうー」とうなりながらベッドに横たわっていた。

なんでも、生まれつきアトピーで、結婚以来じょじょに悪くっていき、
強いステロイドもきかなくなったので脱ステロイドを余儀なくされたんだとか。
薬を使わなくなりリバウンドをおこして症状が悪くなったんだと。
DQNみたいな言葉で悪いが、ゾンビのようだった……。

義弟「嫁がこんな状態で、僕も出張するので、
これから毎日家事&様子を見にここにきてくれませんか。 バイト代払いますので……」
バイト代は常識的な額だったが、嫌だよ……
義弟嫁さんに恨みは何もないけど。断ったがしつこい。

義父が社長引退して海外に旅立った。同時におかしなことがおきた。夫婦の部屋から私の荷物がなくなった

     icon2015年06月02日 22:48      
404名無しさん@おーぷん 2015/06/02(火)15:38:49 ID:zPd
今から2年近く前のDQN返しです。
義実家関係者には全員「元」が付きます。

私…当時25歳 某大手会社勤務でとある資格持ち
夫…当時21歳 某私立大学1年生
姑…当時46歳 専業主婦
舅…当時48歳 私父の取引先会社の社長
小姑…当時23歳&14歳 クソ

舅は社長業引退したくて、引き継ぎ相手を探してた。
なぜなら長男(夫)が三流私大でさえ2浪でやっとのボンクラ。
後継にするには娘二人も頼りない…というわけで、
取引先の営業社員の娘であり、
似た仕事で資格持ちな私に白羽の矢が当たった。

営業実績が上がる毒父はウハウハで話をすすめ、
連絡より先に婚姻届が出てたのにはびっくりしたけど
その頃の私は両親離婚(中学生の頃)後、引き取られた毒母(暴力、強奪、借金などいっぱい)
から離れられればよかったんで、それが結婚でもなんでもどーでもよかった。
夫と初めて会ったのは義実家への引越し10日ほど前。式はしなかった。
ずいぶんガキ相手だなと思った記憶がある。

結婚生活は常識はずれのものだった。
舅姑コトメと同居だったんだが、私と夫は部屋は一緒でもベッドは別。
夫は翌年に控えた卒論に必死だったし、私も舅の出張までの引継ぎで必死で、
義実家では私は夫婦の部屋より舅の書斎の方が滞在時間が長かったと思う。

義実家で姑「男の子を産むのよ!」 義弟嫁「えぇー私、義母さんみたいな上品な女の子が欲しいんですよ」→結果…

     icon2015年05月31日 15:20      
470名無しさん@HOME 2015/04/18(土) 23:59:04.68 0.net
義弟嫁がトメに言ってくれたスカ

トメは悪い人じゃないんだけど孫は絶対に男を産めとうるさい人だった
あまりにもしつこく言うので旦那が一度キレて一度収まったのだけど
2、3回に一度は言うようになってうんざりしていた。

先日、私が妊娠したので義実家に報告に行ったんだけど
私たちが来ると知った新婚の義弟夫婦が遊びに来た。
5人でお茶をしつつ和やかに話していたら
トメが「子どもは男の子なんでしょ?義弟嫁ちゃんも男の子を産むのよ」と言いだした


掲示板
スポンサードリンク
月別アーカイブ
記事検索
アクセスランキング
お問い合わせ
お問い合わせ
LINE読者登録
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク
スポンサードリンク
ワロタあんてな
ぶろにゅー
子育てちゃんねる
キチママまとめ保管庫
哲学ニュースnwk
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ