鬼嫁ちゃんねる

鬼嫁ちゃんねるは2ちゃんねるなどから家庭・生活の話題を紹介しています。



結婚

嫁「貴方(俺)に足の障害を負わせたことは本当に申し訳ない。けど、だからって私は人生を捧げようとは思いませんよ」 (8/17追記)

     icon2018年08月17日 10:03      
追記までジャンプ 8/17

746名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/04(木) 07:55:34.83 .net
昨日で結婚1年。

初めてここに報告できる。
言えた!
好きは何度も言ってたけど、愛してるって思った以上にハードル高かった。

747名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/04(木) 09:12:59.85 .net
>>746
ハードルを越えたか
おめでとう!さぁ、kwskだ!

息子『父さんと母さんに会わせたい人がいる。』『俺、あの人と結婚したい。』

     icon2016年01月20日 17:30      
376名無しさん@お腹いっぱい。 2016/01/13(水) 18:15:28.33 .net
良いスレだ。
うちの息子も自慢させてください。

社会人3年目になるひとり息子が言った。
『父さんと母さんに会わせたい人がいる。』
うちの子ももうそんな歳になったか~と感慨深く感じながらも二つ返事で快諾。

恥ずかしそうに連れてきた女性(以下A)は、
少し内気ながらもピンと伸ばした背筋で正座をしていた。
そして、息子に良く似て優しい顔をしていた。

一旦切ります。

電車で嫁が足を滑らせて俺のおでこに突っ込んできた。嫁「い、いたっ…ごめんなさい!大丈夫…ひっ!」

     icon2015年11月07日 15:00      
妻と初めてした会話 13言目

234名無しさん@お腹いっぱい。 2015/11/05(木) 14:35:47.80 .net
嫁との出会いはゴチャッというかグシャッていうインパクトから始まりましたよ。

嫁「い、いたっ…ごめ…ごめんなさい!大丈夫…ひっ!」
俺「ゔ?べ?だでぃ…?あで?うばぐじゃべでな…」
嫁「ま、待って!喋らないで!ごめんなさい!ごめんなさい!誰か!救急車呼んでください!!」
半泣きでハンカチを俺の顔に押し付ける。
俺「うべ?ば、ばっべ、ぎゅうぎゅうぢゃ?べ?じゃべでだでぃ?」
嫁「いやっ、喋らないでください!血が…血がっ!!」
俺「ぢ?ば、ばながびだでぃ…」
鼻を触ろうとしたら鼻がなかった。

俺「ば!?ばながなでぃ!?」
嫁「あぁぁぁ!!動かないで!喋らないで!!」
俺「(!、これはあれのチャンスだ)や…」
嫁「え?」
俺「やばでばびでぶっ(やませまみですっ)!」
嫁「……えっ?」
俺「ばべ?びでなでぃ?やばでばびでぶっ」
嫁「…いやっ、喋らないでって言ってるじゃないですか!」
俺「びば、びばがぢゃんずばど」
嫁「なに言ってるかわかんないけど黙ってなさいよぉぉ!!」泣きながら絶叫。

電車の座席に座りながら寝てたら嫁が足を滑らせて突っ込んできて、
嫁のおでこと俺の鼻がごっつんこ。
生まれて初めて鼻骨陥没骨折とかしたよ。

娘から「パパ、家族になろうよ」と言われて婚姻届けを突き出された。その紙には俺の名前と娘の名前が…

     icon2015年11月05日 23:51      
962名無しさん@お腹いっぱい。 2015/11/02(月) 15:19:12.43 .net
長いけど書いちゃうぞ~
生い立ちから書くから長いし
自分語りキモ~なので、創作と思って軽く流し読みしてください


記憶にないくらいの幼少期に育児放棄(消極的な児童虐待?)を受けて俺は施設で育った
定時制高校に通っていた時、初めて彼女ができる

彼女は5歳上の20歳で2歳の子持ちシンマザ
俺が老け顔だったためか、彼女が若く見えるからか年齢差があると思われたことは無い

毒親の元で育った彼女は中学卒業と同時に働き始め、親からの独立を目指すも、毒親の搾取のためにロクに稼げなかった
安直に「女の職業」に行かなかったのは、毒親と同じ道を歩みたくないという一心だったそうだ
和服を着る飲食店で年齢をごまかして働いているときに、年配男性に見初められ愛人として生活するようになる
多分にファザコンが影響していたらしい

連れ子のいる男性と結婚。子供は突然現われた私に敵意むきだしで、ギクシャクした生活が始まった

     icon2015年11月02日 21:15      
100名無しさん@HOME 2015/10/31(土) 19:52:42.29 O.net
誰もいなそうなので私が恥ずかしい話を書き捨て
奥さんの浮気で離婚した、連れ子(女の子)のいる男性と結婚した
女の子は小学生で、母親が悪いと言う事は理解していても納得出来てはいなかった
しかも奥さんはとても綺麗でスタイルも良かったらしく、デブで容姿も並以下の私が突然現れてお母さんだと言われても受け入れられる筈も無く、敵意や嫌悪の視線が凄かった
でも蟠りはいつか解けると信じてぎくしゃくしながらも生活を始めた
おはよう、良く寝られた?お帰りなさい、ご飯にしようか?宿題はやった?と聞いただけで、あんたなんかお母さんじゃない!偉そうにしないで!と反抗される
でも当たり前だよね、私がお母さんだなんて納得いかないよねと思ってたから、寧ろ反応してくれるのが嬉しくてウザい!と言われても声掛けはしていた
そんなある日

俺は花屋の三代目。暇と花を売ってる。零細店舗なのに中学生の職業体験を受け入れることになった

     icon2015年10月25日 13:03      
764名無しさん@おーぷん 2015/10/22(木)10:02:28 ID:Ayf
俺は花屋の三代目。暇と花を売ってる。
バイトなんか雇うなんて出来ない零細店舗
中学生の職業体験を受け入れることになった。
女の子が二人割り当てされたがする事ない。
真面目な二人は、掃除なんか頑張ってくれた。
ニコニコ笑顔で接客する姿勢は好感が持てた。
数日のお手伝いだか、花束の作り方を教えたりして売れ残り花をあげたりした。好きな人にプレゼントしなよとか囃し立てからかった。

飲み会で友達に「お前はブサイクだな!」といじられてたら、60歳くらいのイケメンの先生が俺に…

     icon2015年10月21日 12:30      
513名無しさん@おーぷん 2015/10/19(月)23:25:56 ID:KJZ
大学時代、俺は「非モテ男のいじられキャラ」だった。
男友達は多かったけど不細工だし女の子付き合ったこともなかった。
明るく振舞ってはいたけどやっぱ学生だし友人たちが付き合っただの別れただの話すたびに心のどっかで惨めだった。

当時、俺の大学には若い頃はイケメンだったんだろう60くらいの先生がいた。
灰色の髪で、鼻筋が通ってて姿勢のいい先生だった。ロマンスグレーっつーの?
「ごきげんよう皆さん。では始めましょうね。」って始業の声かけは今でも覚えてる。
女子たちが授業のたびに「執事みたい」とかキャーキャー言っててさ。イケメンは歳とっても勝ち組だなーって思ってた。

彼女の父親に結婚を大反対された。後日、その父親が上司にリストラを告げられているところを目撃しちまった

     icon2015年10月21日 10:48      
今までにあった修羅場を語れ【その14】

123名無しさん@おーぷん 2015/10/20(火)17:12:13 ID:9hw
修羅場ってのは大袈裟かも知れんけど、
昔付き合ってた彼女との結婚を彼女の父親に大反対されてたんだが
その父親が上司にリストラを告げられてるところを目撃しちまった時が修羅場だった。
さんざ俺の母親のこと馬鹿にして、俺の勤務先のことも馬鹿にして
それでも彼女が好きだったから誤解されてる部分はちゃんと分かってもらおうとしてた所だったのに
なんだこいつとか思ってさ。

息子がALFEEの高見沢さんのことで同級生と大喧嘩!息子「タカミーはおっさんじゃない!俺、将来結婚するもん!」

     icon2015年05月27日 08:30      
214名無しさん@おーぷん 2015/05/26(火)19:47:37 ID:xqo
うちの息子が3歳のとき、テレビにTHE ALFEEが出てたんだけど、普段音楽番組全スルーの息子がテレビにかぶりつき。
当時だんご3兄弟大好きな普通の子だったんだけど、なぜだかすごくハマったらしい。
特にALFEE好き旦那が喜んで、大きくなったらライブ連れて行くんだ!と2人揃って連日のALFEE祭り。

しばらくして、私の仕事関係で縁があって、ALFEEのメンバーのすぐ近くに行けることになった。
(面談ではない。インタビューとか番組収録の見学程度に考えてもらえれば)
旦那と息子2人で行かせたんだけど、帰ってきた息子が大興奮。
子どもだったからほんの少ししか現場に入れなかったんだけど、それでも大満足だったみたい。
話を聞いてみたら、それまで知らなかったけど、ALFEEのファンというよりも高見沢さんのファンだったようで、
「よかった!タカミー最高!」と3歳児のくせにいっちょ前に高見沢さんを褒め称えるのがやたらと面白かった。

彼女にプロポーズしたら、「私より他の人と結婚した方がいい。母親も心配だし」と振られた。その後何年か経ち…

     icon2015年04月27日 08:30      
63名無しさん@お腹いっぱい。 2015/04/26(日) 16:41:20.23 .net
俺は母親が居なくて彼女は父親が居ない片親同士。
出会いはコンビニのアルバイトだった。
お互い貧乏で生活費を稼ぐのに必死だったけどたまに食事してブラブラと散歩をするのが癒しだった。
親父が大学在学中に死んだこともあって色々と大変だったけど
大学を卒業して就職してようやくまともな暮らしができるようになった。
ここらでと思って俺から結婚を申し込んだ。でも彼女は母親が心配だし
あなたはいい人だから私なんかより他の人と結婚した方がいいと断られた。
縁が無かったのかと俺も諦めた。
その後何年か経って久々に昔のバイト先のコンビニに寄ったら彼女が働いてた。
彼女のバイト終わりに久々に会った。
どうしたのか聞くと母親が病気に掛かって仕事も母親の看病の為に辞めたと。
俺は困った事あったら言えよ少しばかりは金は工面してやると言ってその場は幾らか渡した。


掲示板
スポンサードリンク
月別アーカイブ
LINE読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
お問い合わせ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
ワロタあんてな
ぶろにゅー
子育てちゃんねる
キチママまとめ保管庫
哲学ニュースnwk
アクセスランキング
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ